• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 知事直轄組織 > 広聴広報課 > 情報誌一覧 > 県民だよりトップページ > 県民だより2014年9月号 > チェックしよう! 家庭・地域での防災対策/県民だより2014年9月号

ここから本文です。

更新日:平成26年9月4日

チェックしよう!家庭・地域での防災対策

9月1日は「防災の日」。甚大な被害をもたらした関東大震災が発災した日にちなみ制定されました。いざというときのための対策はできているでしょうか。
地震・津波のほかにも、風水害、高潮、土砂災害、火山噴火などさまざまな自然災害に備えが必要です。この機会に、家庭・地域での防災対策を見直してみましょう。
□1週間分以上の水・食料の備蓄をしていますか?
広域災害が発生した場合、救援物資の到着に時間がかかることも想定されますので、水や食料を1週間分備えておきましょう。
○水は1人当たり1日3リットルを目安に。
○アルファ米やカンパンなどの非常食のほか、缶詰、レトルト食品、カップ麺など日常の食料品も上手に活用し、無理のない備蓄を心がけましょう。




家庭内対策でさらに安心を!
□自宅建物の耐震性は確保されていますか?
□家具・大型家電等を壁などに固定していますか?
□窓ガラスや鏡の飛散防止対策をしていますか?


災害時に活用できる
ストック食材でつくるアイデアレシピ
を募集しています。
食材や調理の条件など、詳しくは「災害時に活用できる調理レシピの紹介」をご覧ください。

 


 


自主防災組織は、共助の要です

□自主防災組織に加入し、何らかの活動に参画していますか?
□地域で行う防災訓練に参加していますか?(できるだけ家族皆で参加しましょう)
□日頃から、向こう3軒両隣で支え合い助け合う近所付き合いがありますか?

総合防災訓練に参加しましょう

8月31日(日曜日)に、下田市など1市5町を中央会場にして静岡県・賀茂地域総合防災訓練が行われます。このほかの市町でも9月5日(金曜日)までの防災週間を中心に訓練が実施されますので、積極的に参加してください。

 

自主防災活動推進大会のお知らせ
自主防災組織等の表彰や活動事例発表、東京大学大学院情報学環教授古村孝志(ふるむらたかし)氏による講演会等が行われます。

日時/11月9日(日曜日)12時~
会場/プラサヴェルデ(沼津市)
※JR沼津駅北口より徒歩約3分

わが家を強固にプロジェクト「TOUKAI(東海・倒壊)-0(トウカイ-ゼロ)

地震による建物倒壊から命を守るため、県は昭和56年5月以前に建てられた木造住宅を対象に耐震化プロジェクト「TOUKAI-0」を進めています。


STEP1専門家の無料耐震診断
話一本で申込みができます(市町担当窓口)

STEP2補強計画の作成
用の3分の2を補助※高齢者のみの世帯へ割増補助をしている市町があります。

STEP3耐震補強工事
般世帯30万円~
齢者のみ世帯など50万円~を補助

安心な住まいへ

問い合わせ/県建築安全推進課
TEL/054(221)3320
ホームページ/http://www.taishinnavi.pref.shizuoka.jp/


富士山火山三県合同防災訓練2014が実施されます
【日時】10月19日(日曜日)午前中
【参加機関】静岡・山梨・神奈川県、国、市町村等の防災担当機関
【内容】富士山の噴火に備え、円滑な防災対応が行えるよう県庁での合同対策会議等三県合同の訓練を実施します。周辺市町(小山町、御殿場市、裾野市、富士市、富士宮市の一部)においては住民避難訓練を行い組織や個人の防災レベルを高めます。


おしえ火山としての富士山
富士山は活火山

富士山は、1707年の「宝永噴火」以来、300年以上も噴火していませんが、日本にある110の活火山のうち、気象庁が常時監視している山の一つです。現時点では、火山活動が活発化する兆候は見られませんが、噴火に備えた対策を着実に進めることが必要です。

どんな対策を進めているの?
文献や痕跡の調査により、過去の噴火の状況を把握した上で、シミュレーション等による被害想定を示した富士山ハザードマップを作成しています。また、噴火時に必要な防災対応を5段階に区分した噴火警戒レベルを気象庁が導入しています。
平成24年には、富士山における火山防災対策を共同で推進するため、静岡・山梨・神奈川県と富士山周辺の市町、国や関係機関により富士山火山防災対策協議会を設置し、緊急時に迅速な避難を行うための富士山火山広域避難計画を策定するなど、想定される火山現象から、住民や登山者、観光客の命を守るため、さまざまな取り組みを行っています。
チェックしてみよう!
インターネットで富士山ハザードマップと広域避難計画図を見ることができます。

ホームページ/http://www.pref.shizuoka.jp/bousai/e-quakes/shiraberu/higai/fujisan/


問い合わせ/
県危機情報TEL/054(221)2644また県地震防災センタTEL/054(251)7100
※「TOUKAI-0」については県建築安全推進TEL/054(221)3320までお問い合わせください

お問い合わせ

知事直轄組織知事戦略局広聴広報課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2231

ファックス番号:054-254-4032

メール:PR@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?