• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 知事直轄組織 > 広聴広報課 > 情報誌一覧 > 県民だよりトップページ > 県民だより2014年9月号 > 躍動!ふじのくに/県民だより2014年9月号

ここから本文です。

更新日:平成26年8月31日

躍動!ふじのくに

静岡県学生ボランティア団体「うちっち」
災害時に備えて地域と学生をつなぐ

東日本大震災をきっかけに「静岡で大災害が発生したとき、学生に何ができるか」という思いから平成24年に結成されたのが、静岡県学生ボランティア団体「うちっち」だ。現在、メンバーは県内5つの大学の学生およそ10人。普段から学生と地域の間に“顔の見えるつながり”を持ち、災害時には真っ先に力になりたいと、地域のボランティア活動に積極的に参加。メンバーだけでなく、仲介役となって周りの大学生にも参加を呼び掛けながら、高齢者や障害者、子どもたちと触れ合っている。
震災から3年を迎えた今年3月11日には、「キャンドルナイト静岡」を静岡市の小梳(おぐし)神社で開催。震災の風化防止はもちろん、静岡県民にとってひとごとではない「震災」を見つめ直し、備えるきっかけになればという願いを込めた。このほか、被災地から県内へ避難している家族が集う「お茶っこ交流会」では、遊びや勉強を通して子どもたちを支援。学生ならではの交流が子どもたちの笑顔をもたらしている。
学生同士のつながりを生かし、ボランティア参加者の輪をさらに広げていくことが目標の一つ。「私たちが声を掛けることで、一歩踏み出すきっかけになればいい」と代表の鈴木幹大(みきひろ)さん。副代表の大石麻織(まおり)さんは「学生だからこそできることに全力で取り組み、地域の力になりたい」と笑顔を見せた。

「キャンドルナイト静岡」
365日×3年分のキャンドルが灯された「キャンドルナイト静岡」。東北への思いをはせた。


準備している様子

うちっち」メンバーの3人

「うちっち」メンバーの3人。在籍する大学は異なるが、思いをひとつに活動する。

ホームページ/http://uchicchi.jimdo.com

 




お問い合わせ

知事直轄組織知事戦略局広聴広報課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2231

ファックス番号:054-254-4032

メール:PR@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?