• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 知事直轄組織 > 広聴広報課 > 情報誌一覧 > 県民だよりトップページ > 県民だより2014年11月号 > 地産地消レシピ「金豚王(きんとんおう)と彩り野菜の生姜(しょうが)炒め」/県民だより2014年11月号

ここから本文です。

更新日:平成26年11月1日

地産地消レシピ

金豚王(きんとんおう)と彩り野菜の生姜(しょうが)炒め
金豚王(きんとんおう)と彩り野菜の生姜(しょうが)炒め
                                    柔らかい肉質と、甘みがあり風味豊かな脂肪との好バランスが特徴の「金豚王」。専用のオリジナル配合飼料を使うなどのこだわりから生まれた、県産のブランド肉です。その「金豚王」を家庭でできる一手間でふっくらとした食感に仕上げ、見た目にも鮮やかな野菜とともに味わえる料理を、「中国料理鳳凰」の正木賢二さんに作っていただきました。
材料【4人分】
金豚王バラスライス120g、ナス1/2本(60g)、赤パプリカ1/4個(30g)、小松菜1株、マイタケ0.5パック(50g)、キャベツ60g、白ネギ少々、金豚王の下味(全卵1/2個分、油大さじ1、塩・こしょう・片栗粉適量)、合わせダレ(しょうゆ大さじ3、生姜のすりおろし・砂糖・酢・水・水溶き片栗粉各大さじ1、ごま油大さじ0.5)

作り方(所要時間:15分)
(1)5cm幅に切った豚肉に、下味の全卵、塩、こしょうを加えて肉一枚一枚になじむように混ぜる。さらに片栗粉、油を加えてさっと混ぜる。
(2)赤パプリカ、マイタケ、キャベツ、ナスは一口大に切る。(ナスは水に浸けてあくをとり、変色を防ぐ)小松菜は5cm幅に、白ネギは小口切りにする。
(3)合わせダレの材料を混ぜ合わせる。
(4)180℃に熱した油にナス、マイタケの順に入れ油通しする。
(5)鍋にお湯を沸かし、豚肉、キャベツ、赤パプリカ、小松菜をボイルする。
(6)ライパンに油大さじ1と白ネギを熱し、(4)(5)と、よく混ぜた合わせダレを加えて強火でさっと炒めて出来上がり。

ポイント
(1)豚肉に下味の全卵を丁寧になじませることで、柔らかく滑らかな舌触りに。金豚王の旨味も凝縮されます。(1)のポイント
(2)合わせダレを鍋肌からまわしかけることで、タレの味が具材全体に浸み込み、手早く仕上げられます。(6)のポイント
栄養価【1人分】
栄養価【1人分】ネルギー:271kcalタンパク質:8.8g質:21.8g分:2.4g
(栄養価計算:県賀茂健康福祉センター健康増進課)

仕事人紹正木二(まさきんじ)さん
中国料理鳳凰正木賢二(まさきけんじ)さん 平成22年「中国料理凰」副料理長に就任。平成24年に中国料理世界大会の日本代表に選出され銀賞を受賞するなど数々の賞に輝く。「何事も続けることが大切」と常に研讃(さん)を重ね、伝統と創造が共存する中国料理を表現。カービングと呼ばれる野菜の彫刻技術にも長ける。

「中国料理凰(ほうおう)」
浜松市中区板屋町110-17
ホテルクラウンパレス浜松14F
TEL/053(454)0632

これまで掲載したレシピを県ホームページで公開中!




お問い合わせ

知事直轄組織知事戦略局広聴広報課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2231

ファックス番号:054-254-4032

メール:PR@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?