• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 知事直轄組織 > 広聴広報課 > 情報誌一覧 > 県民だよりトップページ > 県民だより2016年8月号 > 地産地消レシピ/フジエス枝豆とサクラエビの彩りずし/県民だより2016年8月号

ここから本文です。

更新日:平成28年8月10日

地産地消レシピ

フジエス枝豆とサクラエビの彩りずし
静岡市清水区産のフジエス枝豆は一年を通して栽培・出荷され、いつでも“採れたて”のおいしさを味わうことができます。鮮度にもこだわり、枝付きのままで出荷されています。フジエス枝豆を使った、家庭で手軽にできる料理を「蒲原の味処よし川」板長の鎌田貞雄さんに作っていただきました。
材料【3~4人分】
ご飯2合、すし酢90cc、フジエス枝豆(むいたもの)60g、干しサクラエビ10g、トウモロコシ1/2本程度

作り方所要時間:約15分
(1)枝豆は塩でもんで産毛を取り流水で洗い流したら、塩をひとつまみ入れた熱湯で5分程度ゆでる。
(2)ゆでた枝豆の皮を2度むきする。(薄皮もむく)
(3)干しサクラエビを、焦げない程度にからいりして香りを出す。
(4)ご飯にすし酢を入れて味付けし、(2)の枝豆と(3)の干しサクラエビを合わせて混ぜる。
(2)(3)とも最後に盛り付ける分を残しておく)
(5)(4)を器に盛り、枝豆、トウモロコシ、干しサクラエビを彩りよく盛り付けたら出来上がり。

ポイント
作り方(3)
干しサクラエビをからいりすることで、香りも食感も良くなります。
・フジエス枝豆、干しサクラエビともに栄養豊富で通年で手に入るので、ちらしずしの具として季節を問わず楽しめます。
アレンジ
薄焼き卵で巻いて、一口サイズにカットすれば、おもてなし料理にもぴったりです!






栄養価【1人分】
エネルギー:480kcalタンパク質:12.5g脂質:2.9g食塩相当量:2.2g
(栄養価計算:県中部健康福祉センター健康増進課)

仕事人紹介鎌田貞雄(かまださだお)さん

東京調理師専門学校を卒業後、清水区の「玉川楼」で修業ののち、1995年「よし川」に入社する。2年目に前板長が急逝したことから、20代の若さで板長に。これまで約20年、サクラエビ・うなぎ・地魚料理を中心とした創業60年の味を守りながら、「蒲原ちまき」をはじめ新たなメニューをスタッフ一同で考案し、地元食材の魅力を広めている。

蒲原の味処よし川
静岡市清水区蒲原3-5-18
TEL/054(385)2524


作り方動画公開中!

※パソコンでは、YouTube(https://youtu.be/LvGZTGIwfCE)でご覧になれます



これまで掲載したレシピを県ホームページで公開中!




お問い合わせ

知事直轄組織知事戦略局広聴広報課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2231

ファックス番号:054-254-4032

メール:PR@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?