• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 知事直轄組織 > 広聴広報課 > 情報誌一覧 > 県民だよりトップページ > 県民だより2016年12月号 > 地産地消レシピ/イズシカのストロガノフ風/県民だより2016年12月号

ここから本文です。

更新日:平成28年12月3日

地産地消レシピ

イズシカのストロガノフ風
高タンパクで低カロリー。鉄分も豊富でヘルシーなイズシカは、高い加工技術を持つ専用の施設で熟成させるため、クセもなく旨味が強くなり、柔らかな食感。この素材を、松崎町に店を構えるフランス料理店「プロヴァンス・ド・すずき」の鈴木克則さんに料理していただきました。
材料【1人分】
イズシカ肉ブロック(ロース)100g、[ソース]エリンギ(マッシュルームでも可)2本、タマネギ4分の1個、生クリーム80~100cc、塩・コショウ・パプリカパウダー各少々、バター10g・オリーブ油(サラダ油でも可)小さじ1・白ワイン30cc・トマトピューレ小さじ1・マスタード小さじ1、[付け合せ]蒸したサトイモ1個、蒸したサツマイモ小3分の1個(共に蒸さなくても可)、インゲンマメ5本

作り方所要時間:約20分
(1)イズシカを厚さ5mmで棒状に切る
(2)タマネギとエリンギは厚めに切り、サトイモとサツマイモは輪切りにする
(3)熱した小鍋にバターを溶かし(焦げないようにオリーブ油を少々加える)タマネギとエリンギを中火で炒める
(4)(3)に塩・コショウを振りしんなりしてきたら、鍋にトマトピューレ・白ワインを順に入れ、アルコール分が飛んだら火を止めて、生クリームを入れる
(5)強火で熱したフライパンにオリーブ油を引き、付け合せの野菜に焼き目をつけておく
(6)(1)は焼く直前に塩・コショウ・パプリカパウダーを振り、小麦粉をまぶした後、熱したフライパンにサラダ油を引き、強火でカリッと焼き上げる
(7)(4)(6)を入れ軽くからめたらマスタードを加え、(5)と一緒に盛り付ければ出来上がり!

ポイント
(6)、(7)のポイント
肉に火を通し過ぎると固くなるので注意

(7)のポイント
ソースの仕上げにマスタード(またはレモン汁)を加えると味が引き締まります


栄養価【1人分】
エネルギー:924kcalタンパク質:29.8g脂質:72.0g
食塩相当量:2.4g(栄養価計算:県中部健康福祉センター健康増進課)

仕事人紹介鈴木克則(すずきかつのり)さん
西伊豆町出身。親戚が民宿を営んでいた影響から料理の道に進み、東京のレストランでフレンチの門を叩く。以降、修業を経て30歳で渡仏。ブルターニュやボルドーで3年間、フレンチの真髄を学ぶ。帰国後2001年に「プロヴァンス・ド・すずき」を開業。地魚や地元の野菜を生かした家庭的な料理で、観光客や地元民をもてなし続ける。

プロヴァンス・ド・すずき
賀茂郡松崎町道部103-3
TEL・FAX/0558(42)3701

作り方動画公開中!

パソコンでは、YouTube(https://youtu.be/4v58PIXFaOE)でご覧になれます



これまで掲載したレシピを県ホームページで公開中!




お問い合わせ

知事直轄組織知事戦略局広聴広報課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2231

ファックス番号:054-254-4032

メール:PR@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?