• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 知事直轄組織 > 広聴広報課 > 情報誌一覧 > 県民だよりトップページ > 県民だより2017年10月号 > 地産地消レシピ/峯野(みねの)牛と揚げなすの冷製/県民だより2017年10月号

ここから本文です。

更新日:平成29年9月30日

地産地消レシピ

峯野(みねの)牛と揚げなすの冷製

※写真は1皿で1人前です。
浜名湖北東の自然豊かな環境で、餌や水にこだわり、のびのびと飼育される峯野牛は、程よい霜降り具合で脂がしつこくなく、口の中でとろけるようなおいしさ。この食材を浜松市西区「華市」の山下真理夫さんに料理していただきました。
材料【4人分】
峯野牛モモ肉しゃぶしゃぶ用4枚、なす2本、サラダ油適量/
Aチキンブイヨン60g、醤油30g、砂糖10g、酢10g、粉ゼラチン5g/
B醤油50g、料理酒50g、砂糖25g、コショウ少々/
C大根おろし大さじ2、青ネギ(小口切り)大さじ2、おろしショウガ小さじ1、花椒(ホワジャオ)(粉状に挽いたもの)小さじ3分の1
※A、B、Cはそれぞれ合わせておく

作り方所要時間:約90分
A
(1)Aを湯煎にかけ、ゼラチンが溶けたところでバットに広げ、粗熱がとれたらゼリー状になるまで冷蔵庫で1時間ほど冷やす
(2)ヘタを落とし、縦横半分に切ったなすを180℃のサラダ油で素揚げに。紙で油を切ったら冷蔵庫で冷やす
(3)牛肉をサッと湯引きし、Bに浸してすぐに取り出す
(4)(3)を広げ(2)を芯にして巻いたら、食べやすいサイズに切り、皿に盛る
(5)(1)をフォークなどで細かくし、Cに加えて混ぜ、(4)に乗せたら出来上がり!

ポイント
・ナスは細かく切り過ぎず、食感を生かす(2)のポイント

・牛肉は火を通し過ぎない(3)のポイント
・モモ肉など、脂の少ない部位がオススメです

栄養価【1人分】
エネルギー:143kcalタンパク質:8.6g脂質:8.2g食塩相当量:1.6g
(栄養価計算:県西部健康福祉センター健康増進課)


仕事人紹介山下真理夫(やましたまりお)さん
浜松市出身。浜松四川飯店で9年間の修業を経て、1997年に「華市」を開業。以降、薬膳調理指導員の資格獲得や、日本中国料理協会の代表団として、中国で本場の味を学ぶなど、腕に磨きをかける。現在は日本中国料理協会の東海西部支部長。畜産・野菜生産者と交流を深め、安心、安全な食材の提供に尽力している。

華市(はないち)
浜松市西区湖東町3048-7
TEL・FAX/053(486)1101

作り方動画公開中!

※パソコンでは、YouTube(https://youtu.be/CbnSb5m7j-s)でご覧になれます



これまで掲載したレシピを県ホームページで公開中!




お問い合わせ

知事直轄組織知事戦略局広聴広報課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2231

ファックス番号:054-254-4032

メール:PR@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?