• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 知事直轄組織 > 広聴広報課 > 情報誌一覧 > 県民だよりトップページ > 県民だより2018年6月号 > 地産地消レシピ/カレーあじのつみれコロッケ~骨煎餅添え~/県民だより2018年6月号

ここから本文です。

更新日:平成30年6月2日

地産地消レシピ

カレーあじのつみれコロッケ~骨煎餅添え~
カレーあじのつみれコロッケ~骨煎餅添え~ 養殖真あじとして日本一の生産量を誇る「いけすやの活あじ」は、早い潮流に揉まれることで引き締まった肉質に育ちます。この食材を、伊豆の国市「ホテルサンバレー富士見」の土屋辰巳さんに料理していただきました。
材料【3人前】
いけすやの活あじ2尾(1尾120g)、ショウガ10g、大葉3枚、剥き枝豆20g、おから50g、大和芋(おろし)30g、溶き卵1個分、マヨネーズ15g、醤油10cc、昆布だし10cc、カレー粉5g、パン粉30g、片栗粉30g、サラダ油適量、塩少々


作り方所要時間:約60分
(1)すり鉢でパン粉を細く砕く
(2)ショウガは皮ごとみじん切り、大葉は千切り、剥き枝豆は薄皮を剥き半分に割る
(3)ボールに(2)とおから、大和芋、マヨネーズ、醤油、カレー粉、昆布だしを入れ軽く混ぜる
(4)氷水で締めたあじのウロコとぜいごを取り、3枚におろし、小骨を抜いて皮を引いたら粗めに叩く(中骨は捨てずにとっておく)
(5)(4)(3)に入れよくかき混ぜる
(6)スプーンを使い(5)を小さく丸めたら、片栗粉、溶き卵、パン粉の順で衣を付ける(A)。中骨には片栗粉を付ける(B)
(7)170°Cに熱した油にABを入れ、Aがキツネ色になるくらいまで揚がったらコロッケが出来上がり!Bは大きなプツプツとした泡がなくなるくらいまで揚げたら取り出す
(8)油を190~200°Cに熱し再びBを1~2分ほど揚げ、紙にとって塩を振ったら骨煎餅が出来上がり!


ポイント
・パン粉を細く砕くことで均等に衣がつきます(1)のポイント
・骨煎餅は2度揚げする事でカリッとした食感になります(7)のポイント

栄養価【コロッケ1人当たり】
エネルギー:241kcalタンパク質:11.0g脂質:15.6g食塩相当量:1.2g
(栄養価計算:県東部健康福祉センター健康増進課)


仕事人紹介土屋辰巳(つちやたつみ)さん
伊豆の国市(旧韮山町)出身。高校卒業後、伊豆長岡の「正平荘」で和食の基礎を学び、同地区の「三養荘」で腕を磨く。その後、平成15年に「ホテルサンバレー富士見」に従事し、平成21年に同館の和食料理長となる。地元の食材を知り尽くした土屋氏の和食を求め、多くの常連客が伊豆長岡を訪れる。

「ホテルサンバレー富士見」
伊豆の国市古奈185-1
TEL/055(947)3100
FAX/055(947)0564

作り方動画公開中!
※パソコンでは、YouTube(https://youtu.be/0-rBAYk6aKA)でご覧になれます

これまで掲載したレシピを県ホームページで公開中!




お問い合わせ

知事直轄組織知事戦略局広聴広報課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2231

ファックス番号:054-254-4032

メール:PR@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?