• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 知事直轄組織 > 広聴広報課 > 情報誌一覧 > 県民だよりトップページ > 県民だより2019年2月号 > 地産地消レシピ/砂糖えんどうのグリーンドレッシング/県民だより2019年2月号

ここから本文です。

更新日:平成31年2月1日

地産地消レシピ

砂糖えんどうのグリーンドレッシング
砂糖えんどうのグリーンドレッシング
▲写真中央(砂糖えんどうのグリーンドレッシング)
他の品種に比べて糖度が高い「砂糖えんどう」は、さやが大きめでほんのりとした甘味があり、食べ応えのある豆の食感も特徴的。この素材を、ふじのくに食の都づくり仕事人の中道敦さんに料理していただきました。
栄養価【作り方(4)の分量】
エネルギー:512kcalたんぱく質:2.1g脂質:51.8g
食塩相当量:1.3g(栄養価計算:県東部健康福祉センター健康増進課)

材料
砂糖えんどう10本、
[A:新タマネギみじん切り100g、塩4g、コショウ少々、砂糖4g、粒マスタード8g、マヨネーズ20g、リンゴ酢50cc、サラダ油200cc]


作り方所要時間:約30分
(1)砂糖えんどうは丁寧に両側のスジを取っておく
(2)鍋にお湯1リットル程を沸かし、塩大さじ1を加え沸騰したら(1)を入れ、1分ほど茹でたら氷水で冷まし、水気を切った後細かく刻んでおく
(3)[A]の材料をミキサーにかけ、きめ細かくなるまで撹拌する。出来上がった約400ccのドレッシングのベースを100ccと300ccに分け、それぞれプラスチック容器に移す(以降、100ccを使用します。300ccは冷蔵庫で保管してなるべく早く使用すること)
(4)(3)のドレッシングのベース100ccと(2)をミキサーにかける。きめ細かくなるまで撹拌すればドレッシングの完成。
(5)生野菜の他、お好みで焼いたり蒸したりした野菜を皿に盛り、ドレッシングをかければ出来上がり!

ポイント
・[A]の材料をミキサーで撹拌するには100ccの分量ではうまくできません。400ccの分量で作ると、きめ細やかに出来上がります(3)のポイント
・余った300ccのドレッシングのベースはそのままでもおいしく使えます(3)のポイント

仕事人紹介中道敦(なかみちあつし)さん
昭和55年に「静岡グランドホテル中島屋」入社。その後、ホテルニューオータニレストラン「トゥールダルジャン」、英国日本大使館大使公邸料理長、「オークラアクトシティホテル浜松」などを経て、平成24年「メゾンナカミチ」をオープン。シェフの傍ら、児童養護施設でのボランティア活動や地域の子どもたちへの食育など幅広いフィールドで活躍している。

フランス料理メゾンナカミチ
浜松市西区入野町1900-37
サンステージプラム1F
TEL/053(489)3733

作り方動画公開中!
※パソコンでは、YouTube(https://youtu.be/S3v72Z9JW6o)でご覧になれます

これまで掲載したレシピを県ホームページで公開中!




お問い合わせ

知事直轄組織知事戦略局広聴広報課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2231

ファックス番号:054-254-4032

メール:PR@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?