• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 知事直轄組織 > 広聴広報課 > 情報誌一覧 > 県民だよりトップページ > 県民だより2019年12月号 > 地産地消レシピ/三島人参のローストと鶏レバーのグラタン/県民だより2019年12月号

ここから本文です。

更新日:令和元年11月29日

地産地消レシピ

三島人参のローストと鶏レバーのグラタン
三島人参のローストと鶏レバーのグラタン
標高の高い箱根西麓地域で栽培されている「三島人参」は、厳しい寒さに耐えて育つことで糖分をたっぷり蓄えたニンジン。この食材を三島市「gawa Mishima」の小川正道さんに料理していただきました。


三島人参(11月下旬~2月上旬)







栄養価【1人分】
エネルギー:184kcalたんぱく質:9.3g脂質:8.5g
食塩相当量:0.7g(栄養価計算:県西部健康福祉センター健康増進課)


材料【2人前】
三島人参1本、タマネギ(L)1/2個、鶏レバー(ハツが付いていても可)170g、バター8g、塩3つまみ分、オリーブオイル大さじ2と小さじ1、ローリエ2枚、白ワイン100cc、グラニュー糖2つまみ、水200cc、パン粉大さじ2


作り方所要時間約120分
(1)ヘタを落とした三島人参、バター、塩ひとつまみをアルミホイルで2重に巻く
(2)オーブン容器に網または軽く丸めたアルミホイルを敷き(焼き面が焦げないように)(1)を乗せ、180℃のオーブンで120分焼く
(3)薄切りにしたタマネギをフライパンに入れ、オリーブオイル大さじ2、塩ひとつまみ、ローリエを加え強火にかける。タマネギがアメ色になるまでしっかりと炒める
(4)鶏レバーを1cm角に切る
(5)(3)に(4)を入れ塩をひとつまみ。レバーの表面が白くなるくらいまで強火で加熱したら白ワインを入れアルコール分を飛ばす。そこにグラニュー糖と水を加え強火で煮詰める。水分がなくなりレバーが柔らかくなったらローリエを取り出す
(6)オーブン容器に縦2等分に切った(2)を入れ、その上に(5)を半分くらい乗せる。パン粉を掛けてオリーブオイル小さじ1を振りかけたらオーブントースターで熱する。パン粉に焼き色がついたら出来上がり!

ポイント
(2)のポイント:時間を短縮したい場合はふかした三島人参をフライパンでソテーしてもOK
(5)のポイント:余った(5)はパスタやパンと一緒に食べても◎


仕事人紹介小川正道(おがわまさみち)さん
伊豆の国市生まれ。県内外のホテルやレストラン、鮮魚店などで修業した後、2005年三島市に「Bistro gawa」を構える。三島や伊豆の契約農家から仕入れた野菜を積極的に取り入れ絶品フレンチを振る舞う。2014年同市内に「gawa Mishima」を移転オープン。

gawa Mishima
三島市北田町1-13
TEL・FAX/055(972)5040

作り方動画公開中!
※パソコンでは、YouTube(https://youtu.be/WfRYCrtK2kU)でご覧になれます

これまで掲載したレシピを県ホームページで公開中!




お問い合わせ

知事直轄組織知事戦略局広聴広報課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2231

ファックス番号:054-254-4032

メール:PR@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?