• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 知事直轄組織 > 広聴広報課 > 情報誌一覧 > 県民だよりトップページ > 県民だより2021年5月号 > 伝統農法が守る生物多様性 茶文字の里 東山(掛川市)/県民だより2021年5月号

ここから本文です。

更新日:令和3年4月28日


県内の4市1町で行われている世界農業遺産「静岡の茶草場農法(ちゃぐさばのうほう)」。
良質なお茶の生産を支える伝統的な技術が、そこにすむ生き物を守っています。

茶草場農法(ちゃぐさばのうほう)とは?
茶草場から刈り取った草を茶園に敷く伝統農法です。


詳しくはこちら
ホームページ/https://www.chagusaba.jp/

茶草場農法(ちゃぐさばのうほう)が生物多様性に?
茶草場での毎年の草刈りは、強い植物の繁茂を防ぎます。また、大きな植物が茂らず地面に日光が当たることで、さまざまな植物が生息できる特別な場所になっています。
茶草場は、固有種や絶滅危惧種を含む300種類以上の動植物の貴重なすみかです。
おいしいお茶でSDGs!?
豊かな生物多様性を作り上げる茶草場農法。SDGs(持続可能な開発目標)が掲げる目標「陸の豊かさも守ろう」に貢献します。さらに、茶草がCO2を吸収し土壌に固定することで、地球温暖化の緩和効果も期待されます。
あなたも、茶草場農法で作られたお茶を飲んで、SDGsに取り組みませんか。

※SDGs(Sustainable Development Goals)とは
2030年までに持続可能でより良い世界を目指す国際目標。


知っていますか?
静岡では、「静岡の茶草場農法」と「静岡水わさびの伝統栽培」が世界農業遺産に認定されています。2つの世界農業遺産認定地域を持つ都道府県は、静岡が日本で唯一です!
問い合わせ/県お茶振興課
TEL/054(202)1488 FAX/054(202)1480

お問い合わせ

知事直轄組織知事戦略局広聴広報課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2231

ファックス番号:054-254-4032

メール:PR@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?