• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > 地域外交監室 > 『世界お茶まつり2016開幕式に出席しました。』

ここから本文です。

更新日:平成28年5月27日

『世界お茶まつり2016開幕式に出席しました。』

5月13日(金曜日)に開催された「世界お茶まつり2016」開幕式に出席しました。「世界お茶まつり」は3年に一度本県で開催され、今回は11の国と地域から参加をいただいており、世界に誇るお茶の都として、国際的なイベントとなっております。
開幕式には、台湾の張花冠嘉義県知事が出席し、祝辞をいただきました。

本県は、平成25年4月に台湾に駐在員事務所を開設し、観光や民間交流を中心に、台湾との関係強化を図っています。中でも、嘉義県はお茶の生産が盛んであり、「阿里山高山茶」が有名です。静岡県と嘉義県とはお茶が縁で、平成25年に本県で開催された「第5回世界お茶まつり」に嘉義県が出展し、本年3月には嘉義県で開催された「世界お茶博覧会」に川勝知事や本県の茶業関係者が参加するなど、相互の交流を深めてきました。

式典の終了後には、川勝知事と嘉義県知事との面談に同席しました。その際、嘉義県知事から、本県が進めている台湾への教育旅行のため、平成27年12月に開館した故宮博物院南院や、大井川鉄道と姉妹鉄道提携をしている阿里山森林鉄道などを取り入れた行程案について、提案がありました。嘉義県には、教育旅行に好ましい施設や環境があり、本県にとっても有益な提案であると感じました。

静岡県と台湾とは直行便が往来しています。これからも、嘉義県とのお茶や青少年交流を通じて、静岡県と台湾との交流がより一層深まることを期待します。

 

 


(お茶まつり会場にて)


(関係者との記念撮影)

お問い合わせ

知事戦略局総務課 

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2081

ファックス番号:054-271-5494

メール:senryaku_soumu@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?