• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > 地域外交監室 > ブラジル訪問:スポーツと航空分野での交流

ここから本文です。

更新日:平成28年10月28日

ブラジル訪問:スポーツと航空分野での交流

8月14日(日曜日)から20日(日曜日)にかけて、ブラジルを訪問いたしました。

最初に南米初のオリンピックが開催され盛り上がるリオ・デ・ジャネイロを訪れました。本県は、4年後に迫る東京オリンピック・パラリンピックの自転車競技の会場に選ばれています。伊豆地域で開催されるこの競技を成功させるため、国際自転車競技連合(UCI)のブライアン・クックソン会長にもお会いして、競技の開催に向けて本県が一丸となって万全の準備を整えており、安心してお任せくださいとの川勝知事のメッセージをお伝えしました。クックソン会長からは、自転車は人気の高い競技であり、多くの観客が楽しめるようにしてほしいとのお話がありました。県民の方々が海外のお客さんと一緒に楽しめる大会になるよう着実に準備を進めてまいります。

クックソン会長(中央左)、菊地伊豆市長(中央右)、橋本団長(右)らと[本人(左から2番目)]

 

訪問の後半では、サンパウロに程近いサンジョゼ・ドス・カンポスを訪れました。ここには、ブラジルが誇る世界的な航空メーカーであるエンブラエル社があり、そのエンブラエル社に多くの優秀な人材を共有しているプラジル航空技術大学(ITA)が隣接しています。今回の訪問の際に、このITAと県内二大学(静岡理工科大学及び東海大学)が大学間交流の覚書等を交わしました。この交流は、昨年、エンブラエル社の創業者社長でITAの卒業生でもあるオジーレス・シルバ氏と川勝知事の会談が契機となり実現しました。富士山静岡空港にエンブラエル社の航空機が発着しており、日系ブラジル人の方々が県内に多く暮らしている本県とブラジルとの縁が形になった瞬間でした。

今回の訪問をきっかけとして、東京オリンピック・パラリンピックの自転車競技の伊豆開催に向けた受入態勢の整備やITAとの繋がりを活用した航空機産業の人材育成など新たな取り組みを始めてまいります。

 

お問い合わせ

知事戦略局総務課 

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2081

ファックス番号:054-271-5494

メール:senryaku_soumu@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?