• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > 地域外交監室 > 「富士山三保子」さんの新調着物着付けお披露目を行いました

ここから本文です。

更新日:平成28年12月22日

『「富士山三保子」さんの新調着物着付けお披露目を行いました』

12月3日(土曜日)に県立美術館にて開催された、答礼人形「富士山三保子(ふじやまみほこ)」さんの新調着物着付けお披露目記念式典に出席しました。
答礼人形「富士山三保子」さんは、1927年(昭和2年)に米国から寄贈された12,739体の「青い目の人形」(太平洋戦争時にそのほとんどが処分され、県内では5体が現存)に対する答礼として米国に贈られた58体の市松人形のうち、本県を代表する人形です。彼女は当時の県知事により「富士山三保子」と名付けられ海を渡り、今年(2016年)89年ぶりに里帰りを果たしました。
しかし、当初着ていた着物は失われ、答礼人形「ミス神戸」の着物を着用していたことから、今回の里帰りの機会に、多くの県民の皆様からの寄付によって、当初着ていたとされるエンジ色を基調とし、静岡県らしく富士山や三保松原などを描いた着物と、蜜柑とのつながりをイメージした橘の帯を新調しました。
今年2月から始まった県内各地での展示終了後、経年的な理由により破損した箇所については、当時の製作方法に忠実な修復作業を行い、今回、帰国前に新調した着物を着た姿をお披露目する展示を行いました。12月11日に展示を終えて、今月下旬ミズーリ州カンザスシティ博物館に帰りました。今後も静岡県の親善大使として友好の架け橋となるものと期待しています。
今回の米国との人形交流の歴史に触れ、平和の大切さや命の尊さを、多くの方に再認識してもらうことができました。皆様方の御理解と御協力に対し、改めて感謝申し上げます。

122101 122102

(式典での除幕)

(「富士山三保子」さん)

 

 

お問い合わせ

知事戦略局総務課 

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2081

ファックス番号:054-271-5494

メール:senryaku_soumu@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?