• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 交流・まちづくり > 国際交流 > 地域外交課 > ふじのくに静岡県・大学生韓国訪問団の活動報告

ここから本文です。

更新日:平成27年10月31日

平成27年度ふじのくに静岡県・大学生韓国訪問団活動報告(平成27年9月19日~28日)

jenesys

(概要)

静岡県・大学生韓国派遣実行委員会では、外務省の「JENESYS2.0」で、静岡県が友好協定を締結する忠清南道との青少年交流を促進するほか、百済等の韓国文化理解と日本の魅力を再発見するため、県内を大学生12人を、9月19日(土曜日)~28日(日曜日)の間、忠清南道などに派遣しました。

1 日程 

平成27年9月19日(土曜日)~9月28日(月曜日)10日間

2 参加者 

(1) 県内大学生 12人(静岡県立大学、静岡文化芸術大学、日本大学、常葉大学)
(2) 引率者 2人

3 行程(9泊10日) 

月 日 

主な内容

地域

9月19日(土曜日)

富士山静岡空港→仁川空港

ソウル市

9月20日(日曜日)

日韓交流おまつりin Seoul ボランティア活動

ソウル市

9月21日(月曜日)

韓国タミヤ等見学

ソウル市

9月22日(火曜日)

青瓦台(サランチェ)見学、韓国伝統体験(韓紙)

ソウル市

9月23日(水曜日)

ホームステイ交流

公州市

9月24日(木曜日)

建陽(コニャン)大学(論山市)での大学生交流

論山市

9月25日(金曜日)

公州及び扶余(百済歴史遺跡地区)視察

扶余郡

9月26日(土曜日)

テンプルステイ・百済文化祭開会式参加

公州市

9月27日(日曜日)

韓国伝統体験(韓服)、昌徳宮(ソウル)視察

ソウル市

9月28日(月曜日)

仁川空港→富士山静岡空港

 

4 研修内容

写真でみるふじのくに静岡県・大学生訪問団(PDF:639KB)

【参加学生からの報告書を抜粋しました】

  •  このふじのくに韓国訪問団の一員として参加したことにより、自分にとって力強い、確かな人間関係を手に入れることができた。このことを生かし、積極的に様々なボランティアなどに参加していき、将来の自分の糧としたい。
  • 個人的な数日間の旅行では経験できないことばかりで、韓国をより深く理解するとともに、日本についても改めて考える良い機会になり、今まで以上に韓国も日本も好きになりました。
  • 今回の研修を経て、日本と韓国のそれぞれの良さを発見し、どちらもより一層大好きになりました。ただの経験や思い出として心に残すのではなく、学んだこと、見たこと、感じたこと、経験したこと忘れずに、今後に活かしていきます。
  • 今回の研修では韓国の文化を体験しながら、韓国の魅力を見つけ、日本の魅力を再発見することができた。10日間という短い間ではあったが、多くの人と触れ合うことができ貴重な経験となった。
  • 10日間で新しい考え方や価値観を持つことができ、自分の中の視野を広げることができました。私にとって今回の研修は非常に実りのあるものとなりました。 
  • 研修を終えた今、韓国で過ごした10日間の思い出と感謝の気持ちで胸がいっぱいです。研修で得た知識と経験を今後に生かし、今後の日韓関係の向上につながる活動をしていきたいです。
  • 10日間の日程の中で、日韓交流おまつり2015 in Seoulのボランティア活動、忠清南道で同世代の若者との交流の機会があることやタミヤという日系企業で働く人の様子を見ること、ホームステイをすること、伝統文化体験など様々な人との出会いがありました。どれも実際に韓国に行ったからこそ学べる内容で、非常に良い経験でした。
  • 今回の研修では個人の旅行ではなかなか経験できないことを経験することができ、また、そこから学ぶことがたくさんありました。
  • 今研修で、興味のある国の文化を直接現地で体験できたのは本当に嬉しく思った。この研修でより韓国が好きになった。もっと詳しく勉強しようという気持ちが強くなった。
  • この研修をきっかけにもっと韓国の文化や歴史・言語を知りたいと感じることが出来ました。この一回の研修・ホームステイを今後に生かして自分で韓国についての勉強をしていきたいと考えます。
  • 10日間、毎日が充実していてとても良い経験ができました。素敵な仲間にも出会えたと思います。この韓国訪問団を通して、これからの日本と韓国のために何が出来るのかや自分の将来について考える良い機会になったと思います。
  • この韓国訪問団の一員になれたことを誇りに思うと共に、この研修を受けて新たな自分に出会えたことをとても嬉しく思います。 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地域外交局地域外交課 

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3066

ファックス番号:054-221-2542

メール:kokusai@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?