• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > 政策推進担当部長室 > “ふじのくに”のフロンティアを拓く取組は「点」から「面」へ展開中

ここから本文です。

更新日:令和元年12月27日

“ふじのくに”のフロンティアを拓く取組は「点」から「面」へ展開中

静岡県では、防災・減災と地域成長の両立を目指す「“ふじのくに”のフロンティアを拓く取組」の第2期計画(平成30年度~令和4年度)が、県内各地で展開されています。

第2期計画は、第1期計画(平成25年度~平成29年度)で認定した「ふじのくにフロンティア推進区域」の取組を早期に完了し、推進区域と新たに整備する産業・文化の拠点などを連携・補完させる「ふじのくにフロンティア推進エリア」の形成を促進します。これにより、拠点間の共生・対流が創出され、都市的サービスや多自然居住環境などを享受できる新たなエリアが生まれます。

ふじのくにフロンティア推進区域の早期完了

県内の全市町にある75の「ふじのくにフロンティア推進区域」のうち、32の推進区域では既に事業が完了し(平成30年度末現在)、令和元年度末までに半数を超える区域で事業が完了する見込みです。12月25日に三島市内の推進区域2か所を視察し、取組が着実に進捗していることを実感しました。

三島塚原IC周辺ゆとりある田園居住区整備促進区域桜郷里(さくらごおり)】

富士山や駿河湾の眺望に優れ、東駿河湾環状道路からの交通利便性が高い住宅団地「桜郷里」は、全70区画が敷地面積300平方メートル以上の「優良田園住宅」として整備されています。また、景観協定に基づき住宅と外構植栽を整備することで、街並み全体の美しさに配慮した良好な住環境と景観の分譲地となります。

現在、造成工事は終盤を迎え、宅地造成がほぼ完了し、道路舗装などの周辺工事へと移っています。分譲宅地の販売も始まり、既に成約済みとなった物件もあります。

三ツ谷地区新たな産業拠点整備区域三ツ谷工業団地】

津波浸水被害や液状化の恐れのない箱根西麓の丘陵地に新たな工業用地を確保し、周辺農地の基盤整備と共に地域産業を強化する「三ツ谷工業団地」が整備されています。また、同工業団地では、進出企業間で防災協定を締結し、有事の協力体制を構築する予定です。

造成工事もほぼ終わり、全6区画のうち5区画で進出企業が決まり、2社が操業しています。

ふじのくにフロンティア推進エリアの認定

ふじのくにフロンティア推進エリアの第1次認定として、11月20日に2市町の2推進エリアを認定しました。

御殿場“エコガーデンシティ”産業立地促進エリア御殿場市】

持続可能なエネルギー利用と低炭素社会を実現しながら、地域経済の好循環を目指す“エコガーデンシティ”構想を実現するための先導的モデルエリアを形成します。再生可能エネルギーの導入やエリア内のエネルギー循環の最適化、ICT物流・自動運転実証によるエリア全体の移動・輸送の最適化などに取り組み、新たな産業集積等を図ります。

ICT・IoTによる新産業創出推進エリア川根本町】

ICTインフラやIoTを活用した新たな産業やにぎわいを創出し、町民が個性豊かに「学び」「働き」「暮らす」ことができる魅力あるエリア形成を目指します。テレワーク推進拠点の整備や空き家を利用したサテライトオフィスの誘致、IoT・6次産業化を通じた農業の成長産業化などに取り組み、プロジェクトK(地域活性化組織)をプラットフォームとした進出企業等の技術や地域の資源・人材とのマッチングを図ります。

 

お問い合わせ

知事直轄組織総務課 

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2081

ファックス番号:054-221-2750

メール:chokkatsu_soumu@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?