• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 緊急・危機管理情報/県内気象情報のご案内 > マダニが媒介する感染症「日本紅斑熱」に注意しましょう!

ここから本文です。

更新日:平成28年10月17日

マダニが媒介する感染症「日本紅斑熱」に注意しましょう!

平成28年5月26日 午後2時00分

~県内で「日本紅斑熱」が発生しました~

沼津市内の70歳代の女性が5月9日に高熱・発疹等により東部保健所管内の医療機関に入院し、その後、死亡しました。患者は自宅付近の畑でマダニに刺された可能性があり、県環境衛生科学研究所での検査の結果、「日本紅斑熱」陽性と判明しました。

日本紅斑熱とは、日本紅斑熱リケッチアという病原体を保有するマダニに刺されることで感染し、重症化すると死に至ることもある感染症です。

特にマダニの活動が盛んな、春から秋にかけて注意が必要です。

レジャーや農作業などで、野山や草むら、畑などのマダニが多く生息する場所に入る場合は、長袖、長ズボン、足を完全に覆う靴を着用し、肌の露出を少なくするなどして、マダニに咬まれないように注意してください。

万が一、マダニに咬まれた場合は、数日間体調の変化に注意し、発熱等の症状が見られたら、早めに医療機関を受診し、マダニに刺された可能性があることを伝えましょう。

詳しくはこちらをクリック!(PDF:29KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部医療健康局疾病対策課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2986

ファックス番号:054-251-7188

メール:shippei@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?