• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > 健康福祉部長室 > 障害者虐待防止・権利擁護研修を開催しました

ここから本文です。

更新日:平成29年1月25日

障害者虐待防止・権利擁護研修を開催しました。

障害者虐待防止・権利擁護研修を平成28年8月15日から30日にかけて開催しました。

この研修は、平成24年10月の障害者虐待防止法施行に伴い、障害者福祉施設職員等を対象として毎年度実施しています。「虐待をしてはいけない」と言うだけでは虐待はなくなりません。職員ひとり一人が自分の職場が楽しく、誇りに思えれば、おのずと虐待はなくなると考えています。管理職員等にこうした環境を作り上げることの大切さを知っていただくという「静岡方式」を主眼に研修を構成しています。

研修では、まず共通講義、その後、分野別講義・演習を行いました。

<研修スケジュール>

開催日 対象者 研修内容 参加者数
8月15日
8月16日
市町相談窓口担当職員
障害者支援施設等管理者
障害者支援施設等サービス管理責任者等

共通講義
虐待防止法の概要・現状
障害者権利擁護
虐待の発生と対応の課題等

273人
8月22日
8月29日又は30日
障害者支援施設等管理者 分野別講義・演習
虐待事案が起きた場合の対応等
91人
8月23日
8月26日
障害者支援施設等サービス管理責任者等 分野別講義・演習
職員の育成指導等
134人
8月22日
8月23日
市町相談窓口担当職員 分野別講義・演習
擁護者による障害者虐待における自治体の取組み・対応方法等
48人

 

<講義の様子>

buchotalk160908_01

<演習の様子>

buchotalk160908_02

 

平成27年度における県内の虐待通報・判断件数は前年度から大幅に減少しております。
通報件数:150→92件、判断件数:54→39件(※養護者・障害者福祉施設従事者、使用者虐待の計)

中には通報に至らず把握できていないケースがあることも考えられますが、県内の虐待件数は全体的に減少傾向にあり、今後も障害者虐待の根絶に向け関係者の意識の高揚に努めてまいります。

なお、7月26日未明に発生した相模原事件を受け、共通講義の冒頭で障害者に対する差別の解消と虐待の根絶に向けて、思いを新たにするよう呼びかけました。

お問い合わせ

健康福祉部障害者支援局障害者政策課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2352

ファックス番号:054-221-3267

メール:shougai-seisaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?