• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > 健康福祉部長室 > ノロウイルスによる食中毒の予防に努めましょう!

ここから本文です。

更新日:平成29年1月25日

ノロウイルスによる食中毒の予防に努めましょう!~しっかり手洗い、しっかり加熱~

ノロウイルスによる食中毒や感染症は冬期に多発し、全国的には食中毒患者数の約5割を占め、食中毒や感染症予防の観点から重要な問題となっています。

 

本県においても、今年の発生件数、患者数ともに食中毒全体の4割以上を占めており、ノロウイルス対策は大きな課題となっています。

ノロウイルスは、少量(10個~100個)でも、感染するという特徴があります。ノロウイルスにより下痢をした人の便には1グラム当たり、10億個のノロウイルスが含まれていると言われています。

buchotalk161107_03

buchotalk161107_04

また、加熱が必要な食品は、中心部を85~90℃で90秒以上しっかりと加熱をして食べましょう。

なお、消毒用アルコールでは、ノロウイルスを殺すことができないことから、食中毒の発生を防ぐためには、石けんを用いて十分な手洗い(2度手洗い)が効果的です。

本県では食品営業施設に対し、講習会の開催や静岡県食品衛生協会が養成する手洗いマイスター(養成講習会を受講し適切な手洗い方法を習得した者)と協力して、適切な手洗いの啓発等により、食中毒発生防止対策を図っています。

 

調理の前、トイレの後などは、より入念に石けんで手を十分に洗い、食中毒の予防に努めましょう。

お問い合わせ

健康福祉部生活衛生局衛生課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3708

ファックス番号:054-221-2342

メール:eisei@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?