• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > 健康福祉部長室 > アルコール関連問題啓発フォーラムを開催しました

ここから本文です。

更新日:平成29年1月25日

アルコール関連問題啓発フォーラムを開催しました

お酒は、私たちの生活に豊かさと潤いを与えるものである一方、不適切な飲酒はアルコール健康障害の原因となります。

さらに、アルコール健康障害は、本人の健康の問題であるのみならず、飲酒運転、暴力、虐待、自殺などの様々な問題にも密接に関連します。

平成26年に施行された「アルコール健康障害対策基本法」では、国民の間に広くアルコール関連問題に対する関心と理解を深めるため、毎年11月10日から16日までを「アルコール関連問題啓発週間」と定めています。

 

県ではこの啓発週間に合わせ、11月13日に、国との共催で「アルコール関連問題啓発フォーラム」を開催しました。

本フォーラムは、アルコール関連問題啓発週間に合わせて開催することで、県民に対するアルコール関連問題への理解促進と、県民一人ひとりがアルコール健康障害の予防に取り組むきっかけづくりとすることを目的とします。

フォーラムでは、特定非営利活動法人アスク代表の今成知美氏から「アルコール健康障害対策基本法が目指す社会」と題して基調講演をいただきました。

buchotalk161124_07
buchotalk161124_08

また、日本アルコール関連問題ソーシャルワーカー協会監事の寺田友博氏、静岡県小売酒販組合連合会会長の九島義治氏から団体の取組についてお話しいただくとともに、県の取組についても紹介させていただきました。

フォーラムの後半では、当事者家族による体験談の発表や、自助グループによる依存症回復に向けた取組について、静岡県断酒会からお話をいただきました。

 

当日は258名と多くの方々に御来場いただきました。本フォーラムを通じて、アルコール関連問題を身近な問題として考えていただけたものと考えております。

県では、引き続きアルコール関連問題の啓発に取り組み、アルコール関連問題への理解促進と、アルコール健康障害の予防啓発に努めてまいります。

お問い合わせ

健康福祉部障害者支援局障害福祉課精神保健福祉室

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2920

ファックス番号:054-221-3267

メール:seisin@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?