• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > 健康福祉部長室 > 中国浙江省副省長が静岡県を訪問しました

ここから本文です。

更新日:平成29年7月18日

中国浙江省副省長が静岡県を訪問しました

 中国浙江省の熊建平(ゆう・けんぺい)副省長を団長とした一団が7月4日に本県を訪問し、静岡県健康福祉部と介護分野について意見交換をするとともに、川勝知事への表敬訪問を行いました。

本県と浙江省は、1982年の友好協定締結以来、35年にわたり多くの分野で交流を続けていますが、近年、浙江省においても急速な高齢化に直面する中、介護・健康長寿分野における交流も活発化しています。

 

まず、健康福祉部との意見交換会では、県側から日本の介護制度や本県が推進する取組の紹介を行い、これを踏まえて意見交換を行いました。副省長自ら、制度の仕組み等について質問されるなど、活発な議論が行われ、非常に意義ある意見交換となりました。

P7040195

P7040313

代表団は、意見交換会に引き続き、川勝知事を表敬訪問し、両県省の高齢化の現状や介護の状況について、意見交換を行いました。

川勝知事からは、76歳までを「壮年」とする「ふじのくに型人生区分」や、静岡県が医薬品、医療機器、化粧品の生産額が全国一であることを紹介し、引き続き健康長寿分野で協力していくことを呼びかけました。

熊副省長からは、浙江省の60歳以上人口は1,000万人を超え、日本の介護や高齢化に対する取組は非常に参考になると述べ、今後の両県省の交流の深まりに期待を寄せていました。また、熊副省長から、11月に浙江省で開催される35周年記念事業の訪問団に、介護関係者も同行してほしいと要請があり、川勝知事は県の介護関係者を同行させたいと応じました。

今後も、介護・健康長寿における両省県の連携を、より一層深めてまいります。

お問い合わせ

健康福祉部政策管理局企画政策課(コンテンツ管理者)

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3357

ファックス番号:054-221-3264

メール:kenfuku_kikaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?