• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > 健康福祉部長室 > 平昌パラリンピックに出場する本県関係選手を知事が激励しました!

ここから本文です。

更新日:平成30年3月8日

平昌パラリンピックに出場する本県関係選手を知事が激励しました!

3月9日~18日に開催される「平昌2018パラリンピック冬季競技大会」に出場する本県関係の山本篤選手(スノーボードに出場)、福島忍選手(パラアイスホッケーに出場)、望月和哉選手(パラアイスホッケーに出場)の3人が、2月15日に知事室を訪れました。
知事室では、選手それぞれが、大会に対する熱い思い、抱負を述べ、知事が「日本代表選手40人弱の中で、静岡県出身選手が3人もいることは快挙。本番で力を発揮できるよう、体調には気をつけて。」と激励をしました。選手たちの大会での活躍を見るのが今から楽しみです。
福島選手、望月選手は健康福祉部長室にも来てくださり、パラアイスホッケーについて色々なお話を聞かせてくれました。

2020年の東京パラリンピックも控え、県民の皆様のパラリンピックに対する関心が高まっている中、3人の活躍は、県民の皆様に希望と感動を与え、本県の障害者スポーツの振興に繋がることでしょう。

選手の皆様には、日頃の厳しい練習で培ってきた技と力を十分に発揮し、4年に1度の世界最高峰の檜舞台で、ぜひともメダルを勝ち取っていただきたいと思います。

県では、今後も障害者スポーツの振興を通じて、障害の有無によって分け隔てられることのない、共生社会の実現を目指してまいります。

お問い合わせ

健康福祉部障害者支援局障害者政策課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2352

ファックス番号:054-221-3267

メール:shougai-seisaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?