• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > ロコモティブシンドローム予防講演会を開催しました。

ここから本文です。

更新日:平成30年3月8日

ロコモティブシンドローム予防講演会を開催しました。

2月18日、小山町を会場に、浜松医科大学整形外科准教授の星野裕信(ほしのひろのぶ)先生を講師に招き、「転ばないカラダづくりの方法を学びましょう!」と題して、ロコモティブシンドローム予防講演会を開催しました。

ロコモティブシンドロームとは、骨・関節・筋肉といった運動器の機能が低下し、日常生活や社会参加が制限される症状を言います。

本県の健康寿命は、世界でもトップクラスですが、平均寿命と健康寿命の差、いわゆる日常生活に支障があり、誰かの助けを必要とする期間が平均して男性で約8年、女性で約11年もあります。

健康寿命の更なる延伸のためには、運動機能の維持が重要であり、ロコモティブシンドロームの予防が、健康寿命延伸の鍵を握っているといっても、過言ではありません。

当日は、180名以上の参加者にお集まりいただき、星野先生からロコモティブシンドローム予防にとって大切な運動や食事について、御講演いただきました。私も普段からの運動や食生活習慣を見直すきっかけとなり、非常に有意義な講演会となりました。

今後、県では、ロコモティブシンドロームの予防について、広く普及啓発することにより、健康寿命の更なる延伸を図ってまいります。

開会の挨拶(山口健康福祉部長)

講演会(星野先生)

お問い合わせ

健康福祉部管理局政策監(コンテンツ管理者)

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3357

ファックス番号:054-221-3264

メール:kenfuku_kikaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?