• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > 健康福祉部長室 > 不育症に関するリーフレットの作成

ここから本文です。

更新日:平成27年5月25日

不育症に関するリーフレットを作成しました

本リーフレットは、不育症について、より多くの県民に周知するとともに、相談機関を訪れた不育症に悩む方が次の妊娠・出産に前向きに取り組むことができるよう、治療方法や相談窓口を紹介しています。

「不育症」とは、妊娠はするけれど、死産や流産、早期新生児死亡(生後1週間未満の死亡)などを複数回繰り返して、子どもを持てない状態を言います。全国では、不育症に悩む方が2~3万人いると言われています。

通常、流産は妊娠の10~20%の頻度で起こりますが、年齢が上がるほど流産率は上がります。

また、妊娠歴のある35~79歳の女性を対象に調査したところ、1回の流産経験者は33.8%、2回の流産経験者は3.3%、3回以上の流産経験者は0.9%という調査結果もあります。

 

 

 

 

 

不育症の原因の大半は胎児の偶発的な染色体異常とされており、検査をして両親にリスク因子が見つからなかった場合は、次回流産の可能性は低くなると言われおり、不育症の方も、80%以上の方が出産することができています。

また、このリーフレットでは、一般的な不育症検査や治療について紹介しています。ただし、検査や治療は、個々の状況によって異なりますので、主治医とよく御相談ください。

 

 

 

 

不育症の原因にはストレスが関わることもあります。何かお悩みがあれば、気軽に御相談いただける相談窓口も紹介していますので、御利用ください。

このリーフレットが不育症に悩む方の一助になり、また周囲の方の不育症への理解が進むことを願っています。

お問い合わせ

健康福祉部政策管理局企画政策課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3357

ファックス番号:054-221-3264

メール:kenfuku_kikaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?