• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > 健康福祉部長室 > 「世界禁煙デー」街頭キャンペーン

ここから本文です。

更新日:平成27年6月5日

「世界禁煙デー」街頭キャンペーンを実施しました。(5月31日)

5月31日、JR静岡駅において、「世界禁煙デー」、「禁煙週間」、「歯と口の健康週間」にちなんだ街頭キャンペーンを、静岡市、全国健康保険協会(協会けんぽ)静岡支部、しずおか健康いきいきフォーラム21と合同で実施しました。

「世界禁煙デー」は、たばこを吸わないことが一般的な社会習慣となることを目指して、世界保健機関(WHO)が5月31日と定めています。また「禁煙週間」は、厚生労働省が5月31日~6月6日と定めており、平成27年度は「2020年、スモークフリーの国を目指して~東京オリンピック・パラリンピックへ向けて~」をテーマとしています。

静岡県では、男性の喫煙率が26.8%、女性の喫煙率が7.2%で、全体で17.0%の方が喫煙しています(平成26年度県民意識調査)。県健康増進計画において、平成34年度までに喫煙率を12%とすることを目標に掲げています。

 

 

 

当日は県民の生きがいと健康づくりのイメージキャラクター「ちゃっぴー」と、静岡市消費生活センターのイメージキャラクター「かいけつ!ハナミン」も参加し、職員20人で、たばこや歯の健康に関するちらしや啓発品を2000部配布しました。

駅利用者からは、「最近、禁煙しました」、「主人がたばこを吸って困っているので、主人に渡します」等の声が聞かれました。

 

 

 

 

喫煙や受動喫煙は、日本人の死亡原因の最大の原因となっており、たばこを吸う人は吸わない人に比べて健康寿命が12年短いという調査結果もあります。

 

一方で、楽に禁煙できる治療法もあります。

世界禁煙デー、禁煙週間をきっかけに、ご自身やご家族のたばこや健康について、考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

お問い合わせ

健康福祉部政策管理局企画政策課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3357

ファックス番号:054-221-3264

メール:kenfuku_kikaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?