• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > 健康福祉部長室 > 8月は食中毒防止月間

ここから本文です。

更新日:平成27年7月27日

8月は食中毒防止月間です

高い気温と湿度により、食中毒の危険性がぐんと高まる8月となりました。静岡県では、8月を食中毒防止月間として、スローガンとキャッチフレーズを作り、食中毒防止を呼びかけています。

今年のスローガンは、「めざそうみんなで食中毒ゼロ」、そして、キャッチフレーズは、「食中毒防ぐ決め手は“まず手洗い”」に決まりました。

気温が高い夏場は、食中毒の原因となる腸管出血性大腸菌やカンピロバクターなどの「細菌」が増えやすい気象条件となります。

県民の皆さん、食品関係の事業者の皆さん、イベントで食品を提供しようと計画されている皆さん、食中毒予防の3原則を守って、食中毒を予防しましょう。

原則の1は、「細菌をつけない」です。手と調理器具はいつも清潔にしてください。

原則の2は、「細菌を増やさない」です。食品はすぐに冷蔵庫に入れていますか?また、残り物は放置しないでくださいね。

原則の3は、「細菌をやっつける」です。加熱が必要な食品は、しっかりと中まで加熱してください。

 

 

 

手についた細菌が食品を介して広がるケースも多いのです。そのため、トイレの後、調理の前、食べる前などに手を洗うのはもちろんですが、その洗い方にも注意が必要です。

せっけんをつけ、指の間、手首など洗い残しがないように入念に洗いましょう。右の写真の○が付いているところを、特に意識して洗ってくださいね。

蛍光ローションを用いた洗い残し検証結果

◯は洗い残しが多い部分

 

お問い合わせ

健康福祉部生活衛生局衛生課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2347

ファックス番号:054-221-2342

メール:eisei@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?