• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > 健康福祉部長室 > ノロウイルス食中毒が多発しています!

ここから本文です。

更新日:平成29年1月25日

ノロウイルス食中毒が多発しています!

県では、平成28年11月1日から平成29年1月31日までをノロウイルス食中毒防止強化月間とし、ノロウイルス食中毒を防止するため、啓発活動等を展開しているところですが、県内の感染症発生動向調査における定点当たりの「感染性胃腸炎」報告症例数が増加しており、ノロウイルス食中毒が発生しやすい状況にあります。

ノロウイルスとは、乳幼児から成人まで幅広い年齢層に、主に冬に感染性胃腸炎を起こすウイルスです。手指や食品などを介して、口から感染し、人の腸管で増殖し、嘔吐、下痢、腹痛などの症状を起こします。

ノロウイルスは食品中では増えず、人の腸管内で増えます。感染すると、吐物やふん便中にウイルスが排泄されるので、次の事項に注意が必要です。

  • 食品への二次感染を防ぐため、調理前、トイレの後は石けんでよく手を洗い、ウイルスを洗い流す。
  • 加熱が必要な食品は中心部までしっかり加熱調理する。特に、カキなどの二枚貝の調理時に注意する。(85~90℃で90秒間以上の加熱)
  • 下痢や嘔吐等の症状がある場合は、食品を直接取扱う作業を控える。

詳しくは、厚生労働省ホームページ「ノロウイルスに関するQ&A(外部サイトへリンク)」をご覧ください。

お問い合わせ

健康福祉部生活衛生局衛生課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3708

ファックス番号:054-221-2342

メール:eisei@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?