• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > 健康福祉部長室 > 茨城県への保健師派遣

ここから本文です。

更新日:平成27年10月6日

台風18号により被害を受けた茨城県へ保健師を派遣

台風18号の大雨により甚大な被害を受けた茨城県を支援するため、9月11日に厚生労働省から保健師の派遣要請があり、これを受けて9月15日から10日間、静岡県の保健師9名(3名×3班)を茨城県へ派遣しました。

 

現地は、堤防決壊から日が経過していましたが、行政も住民も混乱している状況でした。また、まだ浸水したままの地域もありました。

静岡県は、常総市内の3箇所の避難所(約200名)を担当しました。住民の方々は、慣れない避難所生活で疲れが出ており、体調を崩す方、今後の生活への不安を訴える方など、健康支援のほか医療支援との連携が必要な状態でした。

 

避難所2

避難所の様子

宮地

保健師による健康チェック

派遣した保健師チームは、あすなろの里という宿泊施設を拠点として、水害で被災し避難所生活を余儀なくされた方々の、避難所における健康支援等を行いました。

被災者からは、「このような大きな被害になるとは思わなかった。」「わざわざ静岡県から来てくれてありがとう」との声が聞かれたとのことです。

今回の保健師チーム派遣を通じ、医療救護チームや災害支援看護師との連携や、医療や生活に関する様々な情報伝達についてその重要性を再確認し、静岡県としても多くの教訓を得たと思われます。

また、災害は、いついかなるときも起こる危険があり、明日は我々が被災者となる可能性があることを、改めて認識いたしました。

本県においても、住民をはじめ、国や他都道府県、医療機関や関係団体と連携し、万が一のときに県民の生命を守る体制づくりを進めてまいります。

 

お問い合わせ

健康福祉部健康局健康増進課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2779

ファックス番号:054-221-2142

メール:kenzou@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?