• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > 健康福祉部長室 > 医学部進学を目指す高校生を応援~こころざし育成セミナー~

ここから本文です。

更新日:平成28年1月27日

医学部進学を目指す高校生を応援~こころざし育成セミナー~

静岡県と静岡県教育委員会は、12月に、静岡市及び浜松市の2会場において、医学部進学を目指す高校生を対象に、「こころざし育成セミナー冬期フォローアップセミナー」を開催しました。

当日は、県内の医療現場で活躍する医師による講演、県内若手医師の中から県知事が委嘱した「ふじのくに次世代医師リクルーター」からのメッセージに加え、大手予備校講師による医学部受験のための講義が行われました。

2会場に集まった高校生は、過去最多の127名となりました。

講演では、県立総合病院の大場先生からは「都会の大病院で働くことが全てではなく、患者がいればどこでも学ぶことがある」、浜松医科大学の高橋先生からは「救急医療のファーストタッチは皆さんであり、皆さんの行動から繋がっていき、救える命がある」などの話がありました。

ふじのくに次世代医師リクルーターの、静岡済生会総合病院の鈴木瑛先生から「高校で医師を目指した理由や、大学時代はどのような生活をしていたか」、中東遠総合医療センターの太田竜右先生から「責任が重く大変な仕事だが、夢や希望を人に与えられる魅力的な仕事である」などのお話がありました。

こころざしセミナー講演

先輩医師の講演

こころざし講師

先輩医師の講演

また、大手予備校講師からは、医学部受験の最新の動向、英語及び数学の実際の入試問題の解説等が行われました。

参加した高校生は「今回のセミナーは、より受験を意識したセミナーで、自分が医者になるために必要なことを学べた」などの声が聞かれました。

県内高校からの医学部進学者は、年々増加し、昨年度は200人となりました。

静岡県の地域医療に貢献する「こころざし」ある医師が、1人でも多く育つよう「ふじのくにバーチャルメディカルカレッジ」による医師確保の取組を引き続き努めてまいります。

お問い合わせ

健康福祉部医療局地域医療課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2868

ファックス番号:054-221-3291

メール:chiikiiryou@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?