• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > 健康福祉部長室 > 献血に御協力を!1~2月は、「はたちの献血キャンペーン」期間

ここから本文です。

更新日:平成28年2月12日

献血に御協力を!1~2月は、「はたちの献血キャンペーン」期間

静岡県及び日本赤十字社静岡県支部では、献血者が減少しがちな冬期において安全な血液製剤を安定的に確保するため、新たに成人を迎える「はたち」の若者を中心として広く献血に関する御理解と御協力をお願いしています。

最近の献血の状況は、多くの方々の御協力のおかげで、医療に必要な輸血用血液は、支障なく供給されている状況です。

しかし、少子高齢化の影響もあり、昔に比べて若い世代の献血者が減少しています。

そのため、県及び日本赤十字社静岡県支部では、「二十歳が救う命のリレー」をスローガンに、今年、晴れて成人の日を迎えた「はたち」の方を中心とした若い世代へ献血を呼び掛けています。

献血ポスター

キャンペーンポスター

アボちゃん

静岡県献血キャラクター、アボ(ABO)ちゃん

日本赤十字社が平成26年度に行ったシミュレーションでは、血液の需要がピークを迎える平成39年には、全国で献血者約85万人分の血液が不足することが予測されています。

実際にそのような状況にならないように、県では、市や町、日本赤十字社静岡県支部と連携して広く県民の皆様に献血への協力を呼び掛けています。

献血は、以下の県内3ヵ所の献血ルームで、毎日受付けしています。

また、献血バスが街や職場を巡回していますので、献血への御協力をお願いいたします。

駿東郡清水町の大型ショッピングセンター「サントムーン柿田川」のそば

静岡市葵区のあおばシンボルロード沿い

JR浜松駅近くのホテルクラウンパレス浜松の東隣

お問い合わせ

健康福祉部生活衛生局薬事課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2411

ファックス番号:054-221-2199

メール:yakuji@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?