• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 第51回全国ろうあ者体育大会が本県で開催されました

ここから本文です。

更新日:平成29年10月25日

第51回全国ろうあ者体育大会が本県で開催されました。

9月21日から24日に、全国ろうあ者体育大会が本県で開催され、全国各地から選手をはじめ、手話通訳者、応援者、ボランティア等、延べ約4,500人が参加し大いに盛り上がりました。

本大会は、全国のろうあ者がスポーツを通して技を競い、健康な心と体を養い、自立と社会参加を促進し、あわせて国民のろうあ者に対する理解を深めることを目的に、毎年全国各地で行われており、本県では、33年振りの開催となります。

22日の開会式では、大会名誉会長である川勝知事が、一部手話を使って挨拶しました。

また、私も来賓の一人として手話で選手を激励しました。

大会は、静岡市(県草薙総合運動場他)、藤枝市(県武道館)、牧之原市(榛原総合運動公園)において、野球、テニス、卓球、バレー、サッカー等10競技が行われました。

競技では、聴覚に障害のある方にも分かるような方法が用いられており、例えばサッカーの競技では、審判の笛の合図の代わりに、手で合図することや、審判補助員を配置し、試合が行われました。

今後も、県では、障害者スポーツを振興することにより、障害のある方の自立と社会参加を促進してまいります。

米印(黒)小ろうあ者とは、耳が聞こえない方のうち、手話でコミュニケーションをとり日常生活を送る方のことを言います。

 

お問い合わせ

健康福祉部障害者支援局障害者政策課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2352

ファックス番号:054-221-3267

メール:shougai-seisaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?