• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > イベント情報 > 社会健康医学/健康寿命をのばそう!シンポジウムの開催

ここから本文です。

更新日:平成30年10月25日

社会健康医学/健康寿命をのばそう!シンポジウムの開催

終了しました

カテゴリ:健康・医療・福祉

募集終了

いま静岡県では、県民の皆様の「健康寿命をのばす」ために、社会健康医学という研究手法を用いた取組が始まっていることをご存じですか?
社会健康医学は、直接病気の治療を研究するのではなく、病気を予防する、または病気にならないような地域・環境を研究する学問として、近年注目を集めています。
今回のシンポジウムでは、ゲノムコホート研究の第一人者である京都大学大学院の松田教授による基調講演をはじめ、静岡県立総合病院リサーチサポートセンターの研究者をお招きしてパネルディスカッションを行います。

〔プログラム〕

第1部 基調講演
 「⼤規模ゲノムコホートと地域の健康増進への貢献」
 ―ながはま0次予防コホート事業の事例を中⼼に―
 京都⼤学⼤学院医学研究科附属ゲノム医学センターセンター⻑・教授 松⽥⽂彦

第2部 パネルディスカッション
 「静岡県における社会健康医学の推進」
 ―社会健康医学研究センター開設―

<コーディネーター>
・宮地良樹 静岡県⽴総合病院参与兼リサーチサポートセンター⻑(京都⼤学名誉教授)
<パネリスト>
・松⽥⽂彦 京都⼤学⼤学院医学研究科附属ゲノム医学センター センター⻑・教授
・髙⽊ 明 静岡県⽴総合病院副院⻑
・吉村耕治 静岡県⽴総合病院副院⻑
・⼀原直昭 東京⼤学⼤学院医学系研究科医療品質評価学講座特任助教

シンポジウムちらし

日時

2018年10月24日  13時30分から16時まで

開催場所

エリア

中部

名称

クーポール会館

住所

静岡市葵区紺屋町2-2

募集要項

対象

どなたでも参加いただけます

人数

200名(先着)

参加費

無料

申込方法

<インターネット>
 「関連リンク」参加申込フォーム(ふじのくに電子申請サービス)からお申込ください
<FAX>
 「関連資料」シンポジウム開催案内裏面の申込欄に御記入の上、054-221-3264にお送りください。
<電話、メール>
 代表者の氏名、参加人数を健康福祉部政策監付企画班へお知らせください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部管理局政策監(コンテンツ管理者)

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3357

ファックス番号:054-221-3264

メール:kenfuku_kikaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?