• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 健康づくり・疾病対策と感染症の予防 > 疫学研究・臨床研究の実施に関する情報公開

ここから本文です。

更新日:平成30年11月8日

疫学研究・臨床研究の実施に関する情報公開

静岡県が、静岡県立総合病院に委託し実施する疫学研究・臨床研究について情報を公開します。

公開事項

研究概要

本研究は、静岡県国民健康保険団体連合会が市町国民健康保険加入者の特定健診受診結果、医療レセプト及び介護保険審査データを突合し、匿名化処理をした上で静岡県立総合病院に提供した資料を用いて行います。

研究対象者に対して、利用目的を含む本研究についての情報を静岡県立総合病院・静岡県国民健康保険団体連合会・静岡県のホームページ上に公開します。

研究テーマ

静岡県市町国民健康保険加入者のデータベースによる医学的エビデンスの創出のための解析研究

研究機関名

静岡県立総合病院リサーチサポートセンター

研究責任者

小谷仁人

研究期間

院長の許可を受けた日から平成36年3月まで

対象者

静岡県市町国民健康保険加入者のうち平成24年~平成30年に特定健診を受診された方

当該研究の

意義・目的

生活習慣病の発症を予防し、重症化を阻止するために、禁煙・過食自制・運動・必要時の医療機関受診が重要ですが、生活習慣を改善し継続することは非常に困難です。

静岡県立総合病院では県民の健診データを用いて、生活習慣と疾患発症リスクの関係を数字で見える化し、ハイリスク例については、健診受診時のその個人のリスクに基づいた指導を行い、次年度に健診データの改善がみられることを目標としていくつかのテーマを設定し、研究を行います。

方法及び研究で利用する試料・情報について

静岡県国民健康保険団体連合会からハードディスクに保存して提供された平成24年度~平成30年度の市町国保組合加入者の匿名化された特定健診結果、医療レセプトデータ及び介護保険審査データの突合データを用いて、以下の研究機関において解析を行います。

なお、データは研究対象者個人を直接特定できる情報を取り除いた状態で以下の研究機関に提供され、共有されます。

【研究機関】

  1. 静岡県立総合病院リサーチサポートセンター(責任者:小谷仁人)
  2. 東京大学大学院医学研究科医療品質評価学講座(責任者:宮田裕章)
  3. 慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教室(責任者:宮田裕章)

個人情報の開示に係る手続き

個人情報の開示に係る手続きは、下記の問合せ先に御相談ください。

資料の閲覧について

あなたからの御要望があれば、この研究において開示が可能であると考えられる範囲内で、この研究の計画や方法についての資料を御覧いただくことができます。

この公開情報に関する問合先

その他、この研究に関するお問合わせ、苦情等ございましたら下記へ御連絡ください。

この公開情報に関する問合先

  • 静岡県立総合病院リサーチサポートセンター 小谷仁人(電話番号054-247-6111)

 

お問い合わせ

健康福祉部管理局政策監

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3357

ファックス番号:054-221-3264

メール:kenfuku_kikaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?