• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 社会福祉・高齢者福祉 > 地域福祉課 > 民生委員制度創設100周年・児童委員制度創設70周年

ここから本文です。

更新日:平成29年4月28日

民生委員制度創設100周年・児童委員制度創設70周年を迎えました!

民生委員制度創設100周年

民生委員制度は、静岡県富士市出身の笠井信一氏(第13代静岡県知事)が岡山県知事であった大正6年(1917年)5月12日に創設した「済世顧問制度」がはじまりとされており、静岡県とも縁の深い制度です。

民生委員は、制度創設から今日に至るまでの100年間、社会の変化に対応した様々な活動を通じ、地域の住民の相談役、関係機関との橋渡し役として、支援を行ってきました。

制度が創設された「5月12日」は、民生委員・児童委員の全国組織である全国民生委員児童委員連合会により「民生委員・児童委員の日」と定められ、全国で活動する民生委員・児童委員が活動内容の周知等に努めています。

 

minsei100   

  【民生委員制度創設100周年シンボルマーク】

児童委員制度創設70周年

児童・妊産婦の相談・援助活動などを行う児童委員制度は、昭和22年(1947年)に公布された児童福祉法により規定され、民生委員が児童委員を兼ねることとされました。その後、平成6年(1994年)に、担当区域を持たず、児童・妊産婦の支援を専門に担当する「主任児童委員」が制度化され、地区での支援活動を行う児童委員と連携し活動を行っています。

社会の問題が多様化した今日では、児童委員としての役割が以前にも増し高まっています。

 県庁東館2階で民生委員制度100周年・児童委員制度70周年の紹介をしています(平成29年5月の間のみ)

展示1 展示2

展示3 展示4

民生委員・児童委員の役割(内部サイトへリンク)

 

minsei1

 

 民生委員・児童委員は、地域住民の相談に応じ、関係機関への支援に繋げる「橋渡し役」として、支援活動を行っています。

 

 

お問い合わせ

健康福祉部福祉長寿局地域福祉課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3525

ファックス番号:054-221-3279

メール:chifuku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?