• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 社会福祉・高齢者福祉 > 地域福祉課 > ふれあい読本(ビサイド) > 目の不自由な人の声

ここから本文です。

更新日:平成23年1月27日

ふれあい読本(ビサイド)

目の不自由な人の声

耳の不自由な人の声

手足の不自由な人の声

HOME

お年寄り、妊婦、知的障害のある人へ

人にやさしいまちづくり

インフォメーション

点字を読む、手話で話す

こんなとき、困ったうれしかった

目の不自由な人の声

「目の不自由な人の声」のイラスト

  • 点字ブロックは、私たち目の見えない人がこれを目安にして歩いているのに、その上に自転車や立て看板などの障害物が置かれたりしています。
    私などは、ぶつかったり、つまづいたりしてよく転びます。
    一般の人にはなかなか理解されていないのでしょうか。
    (50代男性)

「目の不自由な人の声」のイラスト

  • 街を歩いていて方向がわからなくなって道に迷うと、もうどうしようもありません。
    立ち止まって考えていると声をかけて親切に教えてくれたり、中には目的地まで案内してくれる人もいて助かった経験があります。
    (40代女性)

「目の不自由な人の声」のイラスト

  • 信号機のボタンを押しても信号がいつ変わったのか分からないときがあります。
    おそるおそる道路に足を踏み出した途端、車がすぐ近くを疾走していくなど、とても危険な目にあいます。
    (50代男性)

(こんなとき、こんなこと)お手伝いの具体例30

「お手伝いしましょうか」。私たちの、このひとことが、障害のある人たちにとって、外出を安全に楽しむための何よりの支えになります。ここでは目や耳や手足などに障害のある人たちを対象としたお手伝いの具体例を30項目ご紹介します。もちろん、このほかにも時と場合に応じていろいろなお手伝いをすることができます。大切なのは、ひと声かける小さな勇気。さあ、あなたから声をかけてください。「お手伝いしましょうか」。

目の不自由な人へ。道しるべは、あなたのひと声です。


街で白い杖をついている人を見かけたら、あなたがその人の“目”になってあげてください。「誘導しましょうか」のひと声で、目の不自由な人は安全に、安心して歩くことができるのです。

  1. 声をかけるとき
  2. いすをすすめるときは
  3. 物の位置はどのようにして
  4. 手引きをするときは
  5. 狭い道や混雑しているところでは
  6. 階段の上がり降りは
  7. バスの乗り降りは
  8. エスカレーターの乗り降りは
  9. タクシーなどに乗るときは
  10. 道などを聞かれたときは
  11. 横断歩道で
  12. ふれあいのひと声を

お問い合わせ

健康福祉部福祉長寿局地域福祉課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2844

ファックス番号:054-221-3279

メール:chifuku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?