• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 子ども・子育て > こども未来課 > 子育て支援員研修

ここから本文です。

更新日:平成31年4月5日

2019年度静岡県子育て支援員研修(基本・専門)の受講案内について

子ども・子育て支援新制度の多様な子育てに係る事業の担い手となる人材を確保するため、保育や子育て支援の仕事に関心を持ち、育児経験や職業経験などの多様な経験を有する方を対象として、子育て支援分野に従事するために必要な知識や技能等を修得するための「子育て支援員研修」を実施します。

~「子育て支援員」とは~

静岡県が厚生労働省の要綱に基づいて実施する研修(「基本研修」及び「専門研修」を修了し、保育や子育て支援分野の各事業等に従事する上で、必要な知識や技術等を修得したと認められる方のことです。「子育て支援員研修(基本研修)」を修了した上で、子育て支援員研修(専門研修)を修了した方を、静岡県知事が、全国で通用する「子育て支援員」として認定します。研修を修了し、「子育て支援員」として認定された方は、家庭的保育や小規模保育、放課後児童クラブ、子育て支援拠点等で活躍することが期待されています。

よくある質問への回答

1受講対象者

静岡県内に在住又は勤務している方で、地域において保育や子育て支援等の仕事に関心を持ち、県内において保育や子育て支援分野で働くことを希望する方。なお、以下の1.~3.のいずれかの要件に該当する方は、基本研修が免除されます。
1.平成29、30年度子育て支援員研修(基本研修)修了者
2.平成29、30年度子育て支援員研修(基本研修)の免除決定者
3.平成27年5月21日雇児発0521第18号厚生労働省雇用均等・児童家庭局長通知に定める基本研修を免除できる規定に該当する者(保育士、社会福祉士等)で免除を希望する者

2修コース等

(1)基本研修(上記1.から3.に該当する方は免除されます。)
(2)専門研修(基本研修の全科目を修了しない場合は、専門研修を受講できません。)
地域保育コース(地域型保育事業・一時預かり事業)
地域子育て支援コース(利用者支援事業(基本型)・利用者支援事業(特定型)・地域子育て支援拠点事業)
放課後児童コース
※基本研修が免除されない方は、基本研修と専門研修の両方を受講してください。

2019年度子育て支援員研修(専門研修)コースの内容、定員等

コース名 定員 科目数・時間数 内容
地域保育コース
(地域型保育事業)
210
共通科目
11科目14時間
○選択科目
6科目6.25時間
+2日(実習)
(計17科目20.25時間+2日(実習))
以下の事業に従事するために必要な知識等の修得を目的としたコース
・小規模保育事業(定員6~19人の少人数の子どもを対象に、家庭的な雰囲気のもとで、きめ細やかな保育を行う事業)の「保育従事者」
・家庭的保育事業(保育者の居宅やその他の場所等において、少人数(5人以下)の子どもを対象に、よりきめ細やかな保育を行う事業)の「家庭的保育補助者」
・事業所内保育事業(会社の事業所の保育施設等で、その会社の従業員の子どもや地域の子どもの保育を行う事業)の「保育従事者」
地域保育コース
(一時預かり事業)
30
共通科目
11科目14時間
○選択科目
6科目6.25時間
+2日(実習)
(計17科目20.25時間+2日(実習))
一時預かり事業(家庭において保育を受けることが一時的に困難になった子どもについて、保育施設等において一時的に預かり、必要な保護を行う事業)の「保育従事者」として従事するために必要な知識等の修得を目的としたコース
地域子育て支援コース(利用者支援事業・基本型)(※) 40
9科目16時間
(事前学習含む)
+1日(実習)
利用者支援事業・基本型(子育て家庭のニーズを把握し、様々な情報提供や、相談等の支援を行うと同時に、地域の関係機関の連携や協働の体制づくりを行う事業)の「専任職員」として従事するために必要な知識等の修得を目的としたコース
地域子育て支援コース(利用者支援事業・特定型) 30
5科目
5.5時間
利用者支援事業・特定型(子育て家庭のニーズを把握し、地域の保育施設の情報提供や、相談等の支援を行う事業)の「専任職員」として従事するために必要な知識等の修得を目的としたコース
地域子育て支援コース(地域子育て支援拠点事業) 160
6科目
6時間
地域子育て支援拠点(公共施設等の身近な場所で、子育てについての相談や情報提供、その他の援助を行うとともに、親子の交流の場を設けることで、地域の子育て支援機能の充実を図る事業)の「専任職員」として従事するために必要な知識等の修得を目的としたコース
放課後児童コース 80
6科目
9時間
放課後児童クラブ(保護者が就労等により昼間家庭にいない児童に対し、放課後等に適切な遊びや生活の場を提供する事業)の「補助員」として従事するために必要な知識等の修得を目的としたコース
地域子育て支援コース(利用者支援事業<基本型>)の受講に当たっては、相談及びコーディネート等の業務内容を必須とする事業や業務(例:子育て支援拠点事業、保育所における主任保育士業務)に1年以上の実務経験を予め有していることが条件となります。

 

3日程、会場等

基本研修、専門研修の日程、会場等については下記ファイルを御覧ください。日程、会場等は変更になる場合があります。

2019年度子育て支援員研修(基本・専門)日程表(PDF:83KB)

基本研修、専門研修のカリキュラムについては下記ファイルを御覧ください。カリキュラムは変更になる場合があります。

2019子育て支援員研修(基本研修)カリキュラム(PDF:44KB)

2019子育て支援員研修(専門研修)カリキュラム(PDF:68KB)

4 受講申込方法等

受講申込方法、申込受付期間等については、5月下旬以降に更新します。申込受付期間は、6月下旬~7月上旬を予定しています。

県内市町における子育て支援事業の実施状況

県内市町における子育て支援事業の実施状況は、次のファイルを御覧ください。

子育て支援員研修修了者市町別従事先箇所数(PDF:102KB)

子育て支援員研修修了者が従事可能な保育・子育て現場については、次のファイルを御覧ください。

子育て支援員従事要件(PDF:91KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部こども未来局こども未来課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3485

ファックス番号:054-221-3521

メール:kodomo-m@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?