• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 子ども・子育て > こども未来課 > 認可外保育施設の設置について

ここから本文です。

更新日:平成28年6月21日

認可外保育施設について(施設設置者の方へ)

認可外保育施設とは

乳児又は幼児を保育することを目的とする施設であって、知事や政令指定都市の市長が認可している認可保育所、幼保連携型認定こども園及び市町の長が認可している家庭的保育事業等(家庭的保育事業、小規模保育事業、事業所内保育事業、居宅訪問型保育事業)以外のものを総称して「認可外保育施設」と呼んでいます。
利用料の有無は関係ありません。
保育者の自宅で行うもの、少人数のものも含まれます。
幼稚園以外で幼児教育を目的とする施設については、乳幼児が保育されている実態が認められる場合(1日4時間以上、週5日、年間39週以上施設で親と離れることを常態としている場合)は、認可外保育施設に含まれます。
認可外保育施設を設置運営するには、児童福祉法に基づく手続きや満たさなければならない基準があります。

設置、変更、廃止等の届出について

児童福祉法により、認可外保育施設を設置した場合は、事業開始の日から1か月以内に知事に対する届出が義務付けられています。
事業開始後、届出事項に変更があった場合や、施設を廃止又は休止する場合にも届出が必要となりますので御留意ください。
届出を怠ったり、虚偽の届出をした場合は50万円以下の過料が課せられる場合があります。(児童福祉法第62条の2)

(1)届出対象施設

施設種別

届出対象施設

届出対象外施設

(※)指導監督は対象

1.以下のどの施設にも該当しない施設

乳幼児が1人以上の施設

-

2.ベビーホテル

次の条件のうち、いずれかに該当する施設

夜8時以降も保育を行っている

宿泊を伴う保育を行っている

利用児童のうち一時預かりの乳幼児が半数以上

乳幼児が1人以上の施設

-

3.事業所内保育施設

企業や病院などにおいてその従業員の乳幼児を対象とする施設

従業員の乳幼児以外に乳幼児を1人以上預かる施設

従業員の乳幼児のみの施設

4.顧客用保育施設

店舗等における顧客の乳幼児を対象にした一時預かり施設

顧客の乳幼児以外の乳幼児を1人以上預かる施設

顧客の乳幼児のみの施設

5.臨時保育施設

半年を限度に臨時に設置された施設

6か月を超えて設置される施設

6か月を限度に設置される施設

6.親族間の預かり合い

設置者の4親等内の親族が対象

4親等内の親族の乳幼児以外を1人以上預かる場合

4親等内の親族の乳幼児のみの場合

7.一時預かり事業を行う施設 一時預かり事業の対象となる乳幼児以外を1人以上預かる施設 一時預かり事業の対象となる乳幼児のみの施設
8.病児保育事業を行う施設 病児保育事業の対象となる乳幼児以外を1人以上預かる施設 病児保育事業の対象となる乳幼児のみの施設

9.居宅訪問型保育事業者(ベビーシッター)

市町の認可を受けていない居宅訪問型保育事業者

乳幼児が1人以上の事業者

-

注)3.~8.の届出対象外施設は、約款やその他の書類により届出対象外施設となる条件に合致していることが明らかに確認できることが必要となります。

(※)届出の対象・除外にかかわらず、すべての認可外保育施設は指導監督の対象になります。保育関連情報の提供や指導監督上必要なため、施設の設置、移転、廃止等をしようとする場合には、県こども未来課へ事前に御連絡いただきますよう、御協力をお願いします

(2)届出書類等

 
届出書類
添付書類等

新規

設置

「認可外保育施設設置届」

「認可外保育施設設置届(居宅訪問型事業者用(ベビーシッター用))」

詳しくは県こども未来課へお問い合わせください。

ア.利用料金表(設置届に記入できる場合は省略可)

イ.保育従事者のうち有資格者(保育士、看護師又は准看護師)の資格証明書の写し

ウ.入所児童に関する保険会社との保険契約書の写し

エ.施設の平面図(保育室、調理室、トイレなど各室の面積が記載されているもの)

オ.そのほか施設の案内パンフレット、児童募集広告など参考となる資料

変更

(※)

「認可外保育施設変更届」

「認可外保育施設指導監督基準を満たす旨の証明書」(証明書交付施設)

詳しくは県こども未来課へお問い合わせください。

ア.施設の平面図(移転等により建物に変更があった場合/保育室、調理室、トイレなど各室の面積が記載されているもの)

イ.そのほか参考となる資料

廃止

休止

「認可外保育施設廃止・休止届」

「認可外保育施設指導監督基準を満たす旨の証明書」(証明書交付施設のみ)

 

(※)変更とは、次の事項に変更が生じたとき

1
施設の名称及び所在地
2
設置者の氏名及び住所又は名称及び所在地設置主体そのものが替わる場合は、廃止と新規設置の手続きになります。
3
建物その他の設備の規模及び構造
4
施設の管理者の氏名及び住所

県による指導監督について

県が所管する地域

政令指定都市(静岡市・浜松市)を除く県内地域です。県福祉指導課が、具体的な指導監督事務を担当しています。

指導監督の対象

届出の対象・除外にかかわらず、全ての認可外保育施設が指導監督の対象になります。

指導監督の趣旨

知事は、保育を目的とする施設の運営(児童の処遇等の保育内容、保育従事者数、施設設備等)に対して、その運営状況が児童の福祉上問題がないか調査し、問題がある場合には改善を求める等、指導監督を行っています。

法的根拠

具体的な指導監督認可外保育施設(届出対象外施設を含む。)であっても、児童福祉法に基づき知事が必要と認める事項を報告することや職員の立入調査や質問に対して協力いただくこととなっています。(児童福祉法第59条第1項)
この場合、正当な理由がないのに報告をしないことや虚偽の報告をすること、立入調査を拒むこと、忌避すること、質問に答えないこと、虚偽の回答をすることがあった場合は罰則の適用もあります。(児童福祉法第62条第4号)

具体的な指導監督の内容

上記根拠に基づき、別に定めた指導監督基準に従って指導監督を行い、児童の安全確保等の観点から問題があれば改善指導等を行います。
また、児童の安全確保等の観点から見過ごし出来ない施設に対しては、文書による改善勧告、勧告に従わない場合にはその旨の公表、さらに事業停止や施設閉鎖を命ずることができることとなっています。(児童福祉法第59条第3項~第5項)
事業停止や施設閉鎖の命令に反した場合は、罰則規定の適用もあります。(児童福祉法第61条の4)
このようなことから、施設の運営に当たっては、児童の安全確保について十分に配慮していただくとともに、具体的運営に関する改善について指導を受けた場合は、これに従って改善措置をとるようにしてください。

認可外保育施設指導監督基準(PDF:264KB)

(1)報告書の徴収

届出対象の有無に関わらず、すべての認可外保育施設が対象になります。

運営状況報告書

毎年1回、知事が定める日までに運営状況(原則として10月1日現在の状況)を報告

「認可外保育施設運営状況報告書」

「認可外保育施設運営状況報告書(居宅訪問型事業者用(ベビーシッター用))」

事故等発生の報告

施設の管理下において、死亡事案、重傷事故事案、食中毒・感染症事案等の重大な事故が発生した場合

「事故等報告書」

長期滞在児童の報告

24時間以上かつ週5日以上入所している乳幼児がいる場合

「長期滞在児童状況報告書」

(2)立入調査

定期立入調査
原則として年1回(事業所内保育施設及び院内保育施設は2年に1回)
新規立入調査
新規設置施設
特別立入調査
重大な事故が発生した場合、利用者から苦情や相談が寄せられている場合等で、児童の処遇上の観点から施設に問題があると認められる場合
随時立入調査
必要が認められる場合

県民への情報提供

届出対象施設については、ホームページ上で施設情報を提供しています。認可外保育施設一覧へリンク

その他

児童の安全確保の観点から、児童の処遇等の保育内容、保育従事者数、施設設備等について、「認可外保育施設指導監督基準」に適合しているとともに、消防法、食品衛生法等関係法令を遵守していることが必要です。

認可外保育施設指導監督基準を満たしている旨の証明書の交付

届出対象施設のうち、立入調査の結果、認可外保育施設指導監督基準を全て満たしている施設に対しては「認可外保育施設指導監督基準を満たす旨の証明書」を交付しています。

証明書の交付を受けた施設については、利用料に係る消費税が非課税になります。

届出・お問合せ先

認可外保育施設にかかる届出や指導監督等に関するお問い合わせは、県の各担当課へお願いします。

所管地域 担当課 所在地 電話番号 担当事務

政令指定都市(静岡市、浜松市)を除く全市町

こども未来課

420-8601

静岡市葵区追手町9-6西館3階

054-221-2928

各種届出に係る事務

事故等発生時に係る事務

政令指定都市(静岡市、浜松市)を除く全市町

福祉指導課

420-8601

静岡市葵区追手町9-6西館5階

054-221-2322

指導監督に係る事務

認可外保育施設運営状況報告書に係る事務

 

政令指定都市に所在する施設に関するお問い合わせは、各市にお願いします。

 

市名 担当課 所在地 電話番号

静岡市

幼保支援課

420-8602

静岡市葵区追手町5-1

054-221-1092

浜松市

幼児教育・保育課

430-8652

浜松市中区元城町103-2

053-457-2118

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部こども未来局こども未来課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2928

ファックス番号:054-221-3521

メール:kodomo-m@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?