• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 子ども・子育て > 少子化対策 > さんきゅうパパフォトコンテスト・研修会を実施します!

ここから本文です。

更新日:平成29年10月24日

さんきゅうパパフォトコンテスト・研修会を実施します!

静岡県では、夫婦が共に協力して育児や家事に取り組むことの重要性を広く周知するため、内閣府主導の「さんきゅうパパプロジェクト」を通し、子どもの誕生直後の男性の休暇取得の促進、働き方に関する意識改革、家事・育児への参画を進めています。その一環として、今年、「さんきゅうパパハッピーフォト事業」と題し、フォトコンテストと研修会を行います。

★さんきゅうパパとは・・・
産後に休みを取る父親のことを指し、「産休」と、「Thankyou(ありがとう)」という意味が込められている。内閣府では、2020年までに「配偶者の出産後2か月以内に、半日または1日以上の休みを取得する男性の割合」を80%にすることを目標としている。

1ハッピーフォトコンテスト

 

〇作品テーマ
父親が育児や家事をし、2歳になる前までの子どもと一緒に写っている写真を募集

 

〇応募者資格

静岡県内在住の方(年齢、性別は問わない)

撮影者と家族関係にある方又は被撮影者本人

 

〇応募作品規定
・テーマを満たせば、撮影時期は問わない(過去の写真でも可)
・1人3まで
データまたはプリント写真(2L判)にて提出

 

〇審査成30年1月(金賞・銀賞・銅賞各1点、佳作10点が選ばれます)

査委員長:プロカメラマン智一雄(たけちかずお)氏(タケチカメラ)

〇写真展等入賞作品は、平成30年2月~3月に県内商業施設3箇所で行う写真展をはじめとする啓発に活用します

フォトコンテストちらし(PDF:752KB)

2さんきゅうパパになろう!しずおか研修会


〇開催日時平成29年1216日(土曜日)13時30分~16時00分

〇会場グランシップ会議室1001-1(静岡市駿河区東静岡2-3-1)

〇内容

妊娠初期から産後の女性の身体と必要なケアについて
妊娠初期から産後の家事・育児について
男性が育休を取得するために職場で準備しておくこと
ネットワーク作りのためのグループトーク等

〇対象県内の新米パパ、妊娠中及び子どもを持つ予定の夫婦、子育て中の部下を持つ企業関係者等


〇講師

藤哲也(あんどうてつや)氏(公益財団法人1moreBaby応援団NPO法人ファザーリングジャパン代表理事)
宋美(そんみひょん)氏(公益財団法人1moreBaby応援団産婦人科医医学博士)


〇定員100人(要申込、先着順)

研修会ちらし(PDF:1,020KB)

3応募・申込み

平成29年1215日(金曜日)までに、事務局((株)エイエイピー内)http://39papa.jp/(外部サイトへリンク)

「産後ママを知ろう!BOOK」を作成しました

産後のママの心身の変化と、そこで必要なサポートについて、わかりやすくまとめたリーフレットを作成しました。
これからパパ・ママになる方やその家族の皆さん、企業の方にもぜひ読んでいただきたい内容です。
産婦人科医の宋美玄先生監修。

産後ママを知ろう!BOOK(PDF:9,165KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部こども未来局こども未来課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2928

ファックス番号:054-221-3521

メール:kodomo-m@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?