• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 社会福祉・高齢者福祉 > 介護指導班トップページ > 令和2年度地域密着型サービス外部評価実施回数緩和の適用について

ここから本文です。

更新日:令和2年4月6日

令和2年度地域密着型サービス外部評価実施回数緩和の適用について

認知症対応型共同生活介護事業所管理者様

日頃より、地域密着型サービス外部評価制度に御理解と御協力をいただき、お礼申し上げます。
令和2年度の外部評価実施回数緩和につきましては、例年同様に、『静岡県地域密着型サービス外部評価実施要綱』中「3自己評価及び外部評価の実施回数」及び『地域密着型サービス外部評価実施回数緩和の適用について』(運用通知)のとおり取り扱いますが、国の令和2年2月28日付け事務連絡「新型コロナウイルス感染症に係る介護サービス事業所の人員基準等の臨時的な取扱いについて(第3報)」通知に基づき、一部柔軟な取扱いをしますので、よろしくお願いします。
具体的には、運営推進会議を「実施回数緩和の適用を申請する年度の前年度において、6回以上開催されていることが必要」とされていることについては、2月以降に新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、6回目の開催を文書による情報提供・報告、延期、中止等とした場合は、その事実がわかる書類の添付をもって申請書の提出を受け付けることとします。
また、新型コロナウイルス感染防止のため、令和2年3月までに令和元年度分の外部評価の実施を予定していた事業所が外部評価の実施を令和2年4月以降に延期したときは、令和2年9月末までに令和元年度分の外部評価結果を市町に提出していることが確認できた場合に限って、外部評価の回数緩和の適用要件を充足しているものとして取扱いますので、これに該当する事業所の申請方法については、後日改めてお知らせします。
つきましては、既に実施回数緩和の要件を満たし、適用を希望する事業者につきましては、下記のとおり申請書類を提出してください。

提出期限

令和2年4月30日(木曜日)必着

提出書類

様式1:地域密着型サービス外部評価実施回数緩和の適用に係る申請書


○添付資料

(1)自己評価及び外部評価結果(令和元年度に実施したもの)※
※前年度に実施した評価結果がWAM-NETに掲載されている場合は提出不要です。

(2)運営推進会議について2月以降に新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、6回目の開催を文書による情報提供・報告、延期、中止等とした場合はその事実がわかる書類

様式等

運用通知と申請様式を県福祉指導課ホームページに掲載しておりますので、ご確認をお願いします。

http://www.pref.shizuoka.jp/kousei/ko-240/kaisa/gaibuhyouka.html
※申請様式は上記URLのページ中段「様式(エクセル:57KB)」に掲載しています。

 

問い合わせ先

静岡県健康福祉部福祉長寿局福祉指導課介護指導第2班
電話番号:054-221-3256


お問い合わせ

健康福祉部福祉長寿局福祉指導課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3256

ファックス番号:054-221-2142

メール:fukushishidou@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?