• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 障害福祉 > 障害者政策課トップページ > ふじのくに福産品(授産品) > ふじのくに福産品「ウィンターフェア」

ここから本文です。

更新日:令和3年12月8日

ふじのくに福産品「ウィンターフェア」を開催しました!

12月1日(水曜日)2日(木曜日)に県庁内で開催しておりました、“ふじのくに福産品「ウィンターフェア」”について、多くの方にご来場いただきまして、ありがとうございました。

コロナ禍によりイベント販売がなかなかできない状況が続いていたため、出展事業所からも「広いところで販売できて嬉しい」との声をもらいました。

静岡福祉大学地域交流センターの学生スタッフが、その取組を紹介します。

静岡福祉大学地域交流センターの学生スタッフがその様子を紹介します。

静岡福祉大学2年の藤山純典です。12月1日と12月2日に静岡県庁で行われた「ふじのくに福産品ウィンターフェア」に行ってきました。県内21ヶ所の事業所等が出店しており、会場はとても賑わっていました。販売しているものは食品や雑貨など様々で、例えばテラス・ひだまりさんは手作りのクッキーや羊羹、ジャムに加え利用者さんが絵を描いたエコバッグなどを販売していました。なかなか味わいのある絵ばかりでどれも可愛かったです。また、みのりさんでは、自分たちで育てているオリーブを使った商品を置いていました。オリーブパウダーやオリーブコーヒー、オリーブの醤油漬けなどあまり聞き慣れないものでしたが、どれも目を惹くものばかりでした。オリーブオイルに至っては、専用の機械をイタリアから取り寄せて作るというこだわりっぷりです。この他にも面白い商品が多くありました。事業所直売のところだけでなく、色々な場所の商品を委託されて販売しているところもあるため、本当に多岐に渡ります。会場では静岡県立中央特別支援学校や静岡大学教育学部附属特別支援学校の生徒さんたちのブースがあったり、事業所の紹介をしている映像が流れていたりといるだけで楽しかったです。どれも本当にいいものばかりで、私もついつい買い過ぎてしまいました。今後もふじのくに福産品のイベントには是非参加したいですし、福産品に興味を持った多くの人が訪れてくれるようになったらいいなと思います。ふじのくに福産品は、オンライン販売もしておりますので、そちらで気になるものを見つけてみてはいかがでしょうか。

 

お問い合わせ

健康福祉部障害者支援局障害者政策課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3619

ファックス番号:054-221-3267

メール:shougai-seisaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?