• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 障害福祉 > 障害福祉課 > 在宅重症心身障害児(者)医療支援人材養成研修専門研修を開催しました

ここから本文です。

更新日:平成30年2月14日

在宅重症心身障害児(者)医療支援人材養成研修専門研修を開催しました

1目的

在宅の重症心身障害児(者)に関する専門的な知識や医療と福祉の連携についての知識を持ち、地域の「かかりつけ医」として重症心身障害児(者)の診療を行う医療支援人材を養成する。あわせて、他職種での意見交換等を通じて、身近な地域で医療支援ができるネットワークづくりを行う。

2概要

ア東部会場

1日時成29年1月28日14時から16時

2場所津市民文化センター

3受講者38人(医師14人、その他24人)

4研修内容
1.主題講演田尚弘氏(県立こども病院地域連携室長)
2.講演
医療)西史直氏(トータルファミリーケア北西医院院長)
看護)保友明氏(訪問看護ステーション木の実作業療法士)
福祉)代篤氏(圏域スーパーバイザー)

3.グループワーク(各地域別にグループを選定し、仮想の症例をもとにケース検討を実施)

イ中部会場

1日時成29年1月29日13時から16時

2場所ランシップ

3受講者38人(医師15人、その他23人)

4研修内容
1.主題講演田尚弘氏(県立こども病院地域連携室長)
2.講演
医療)東充宏氏(リバティこどもクリニック院長)
看護)ともこ氏(訪問看護ステーションしずおか所長)
福祉)井郁也氏(圏域スーパーバイザー)

3.グループワーク(各地域別にグループを選定し、仮想の症例をもとにケース検討を実施)

ウ西部会場

1日時成29年1月29日14時から17時

2場所松医師会館

3受講者46人(医師21人、その他25人)

4研修内容
1.主題講演浦弘氏(聖隷浜松病院医師)
2.講演
医療)本和彦氏(磐田在宅医療クリニック院長)
看護)橋浩美氏(訪問看護ステーション住吉第二)
福祉)関ゆかり氏(相談支援事業所シグナル)
当事者)水恵美(ぞうさんの会)

3.グループワーク(各地域別にグループを選定し、仮想の症例をもとにケース検討を実施)

3受講者の感想

・他分野のことは知らなかったことが多く、地域の話題を知ることができた。
・開業医と総合病院との連携に加えて、地域のネットワークづくりが大切。顔の見える関係づくりの礎となった。
・医療サイドの視点でしか見ていなかったことに気づいた。
・各地域の違いを知り、今後、何ができるのか考える機会になった。
・今後、地域で困っている患者さんの力になりたい。
・地域の関係者との出会いが収穫だった。

お問い合わせ

健康福祉部障害者支援局障害福祉課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3319

ファックス番号:054-221-3267

メール:shougai-fukushi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?