• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 障害福祉 > 精神保健福祉室 > 精神保健福祉班からのお知らせ

ここから本文です。

更新日:平成29年8月9日

新着情報

精神保健福祉班からのお知らせ

【募集中】静岡県こころのセルフケア講座&映画特別上映会『ちょっと今から仕事やめてくる』 参加者大募集

詳細は静岡県こころのセルフケア講座事務局(静岡朝日テレビ ビジネス開発部)のホームページを御確認ください。(外部サイトへリンク)

静岡県こころのセルフケア講座&映画特別上映会『ちょっと今から仕事やめてくる』参加者大募集

日時 平成29年9月12日(火)受付開始17:30/講座開始18:00/終了21:00

場所 シネシティザート(新静岡セノバ9階)

内容 
●こころのセルフケア講座 約45分
『ジブンを見つめ直して、こころを整える方法』
働く人のストレス 本当は知られていないストレス解消のコツ
講師/カウンセリングオフィス心葉(ここは)代表 臨床心理士 稲吉 大
●映画上映『ちょっと今から仕事やめてくる』約120分 出演/福士蒼汰、工藤阿須加ほか
●特別ゲストMC 2017Miss Universe Japan Finalist 桜木 ひな
モデルとして活躍する一方で色彩心理診断士、インナーチャイルドセラピストとしても活躍。

参加対象者 県内在住・在学・在勤の満39歳以下の方
ただし、中学生以下に同伴する保護者は40歳以上でも可
        
参加申込締切 8月31日(木)必着 定員160名(参加者多数の場合は抽選)
※車椅子席、難聴者の方向けのヘッドホンもございます。

お問合せ・参加申込先
静岡県こころのセルフケア講座事務局(静岡朝日テレビ ビジネス開発部)
お問合せ電話 054‐251‐3303(平日9:30~18:00)
ハガキ申込 〒420-8567 静岡市葵区東町15番地
ウェブ申込 「静岡朝日テレビ」HPhttp://www.satv.co.jp/0500event/2017-0810selfcare.html

【終了しました】平成29年度静岡県ひきこもり支援センター居場所設置運営事業の委託先募集について

静岡県では、県ひきこもり支援センターでの電話、来所相談により、ひきこもり状態に改善が見られた場合、次のステップである「居場所」を中心とした支援の継続の場を設けるために、県ひきこもり支援センターの機能の一部として「居場所」を設置します。当該居場所の設置運営事業の委託先決定方法は、公募型企画提案方式を採用します

つきましては、下記のとおり企画提案方式による委託先の選定を行いますので、企画提案書の提出をお願いします。

募集期間:3月17日から3月27日まで

平成29年度静岡県ひきこもり支援センター居場所設置運営事業委託先募集要項(ワード:44KB)

応募様式第1号から第4号(ワード:30KB)

積算内訳書(エクセル:36KB)

平成29年度静岡県ひきこもり支援センター居場所設置運営事業委託要領(ワード:15KB)

静岡県ひきこもり支援センター居場所設置運営事業居場所運営マニュアル(PDF:363KB)

【終了しました】平成28年度静岡県かかりつけ医うつ病対応力向上研修会の開催について

かかりつけの医師及び産業医を対象に、適切なうつ病診療の知識・技術及び精神科等の専門の医師との連携方法等を習得することにより、うつ病の早期発見・早期治療を図り、一層の自殺対策の推進を目的として研修会を開催しました。詳細は実施要領を御覧ください。

参加申込:簡単で便利な電子申請システムからお申し込みください

平成28年度静岡県かかりつけ医うつ病対応力向上研修会実施要領(ワード:40KB)

 【募集中】平成28年度自殺総合対策民間団体等支援事業について

 県内の民間団体等が実施する自殺対策のための活動を公募し、採択した事業に対する助成を行いま す。

 詳細は募集要領を御覧ください。

 

【終了しました】大学生のための生きるスキルアップ講座~こころのセルフケアワークショップを開催します

チラシ(PDF:1,392KB)

大学生のための生きるスキルアップ講座

日時、場所、定員
11月18日(金曜日)静岡県立大学(谷田キャンパス)25名
12月5日(月曜日)日本大学国際関係学部(三島駅北口校舎)50名
12月13日(火曜日)静岡文化芸術大学50名
12月15日(木曜日)静岡県立大学(谷田キャンパス)50名
※時間は各回とも17時00分~20時00分
※対象は県内在住・在学の大学(院)、短大・専門学校等の学生(学年不問)

講師・講演、ワークショップテーマ
・講師:高山恵子(NPO法人えじそんくらぶ代表、ハーティック研究所所長)
・講演:能力を最大限に発揮するために~自己理解を深め、ストレスを減らそう~
・11月18日ワークショップ:ストレスと仲よく歩く未来~「就活」をテーマに考えてみよう~
・上記以外ワークショップ:苦手意識を減らし、うまくいく条件を探そう

講座申込・問い合わせ先
「大学生のための生きるスキルアップ講座事務局」(株)エイエイピー内
電話:054-284-7014(平日9時00分~17時00分)
専用ウェブサイト:https://kokoro-selfcare.com/

 

精神保健指定医の申請等

精神保健指定医は、措置及び医療保護による入院及び退院の際の診察、一定の行動制限の判定等の職務を行うこととされています。申請または届出の手続きにかかる詳細、必要様式は申請または届出を要する事項を御確認ください。

申請または届出を要する事項

平成27年度自殺総合対策民間団体等支援事業について

県内の民間団体等が実施する自殺対策のための活動を公募し、採択した事業に対する助成を行います。詳細は募集要領を御覧ください⇒公募終了しました。

募集要領

指定自立支援医療機関(精神通院医療)の医療機関からの申請等窓口の集約化について

 

平成26年4月1日から申請等の提出先が静岡県庁障害福祉課に集約されます。

申請等窓口の集約化について

 

「いのちを支える“ふじのくに”自殺総合対策行動計画」の策定について

 

国内では平成10年以降自殺者が急増し、静岡県内でも毎年800人前後の方が自殺によりいのちを失っています。
県では、大切ないのちを自殺で失う人をひとりでも少なくするため、県における自殺対策を総合的・効果的に進める基本方向を定め、関係機関・団体と連携して具体的に施策を推進するため、「いのちを支える“ふじのくに”自殺総合対策行動計画」を平成25年3月に策定しました。

「いのちを支える“ふじのくに”自殺総合対策行動計画」

平成25年4月1日からの自立支援医療(精神通院)及び精神障害者保健福祉手帳の認定事務の集中化について

自立支援医療(精神通院)及び精神障害者保健福祉手帳の静岡県における認定事務が、平成25年4月1日から県精神保健福祉センターに集中化されることになりました。申請等の窓口は今までどおり、お住まいの市町の窓口で変更はありません。静岡市又は浜松市にお住まいの方の申請等は、今までどおり、静岡市又は浜松市による認定で変更はありません。

平成24年10月1日から重度障害者(児)医療費助成の対象を拡大について

精神障害者保健福祉手帳1級を所持している方は、平成24年10月1日から重度障害者(児)医療費助成制度により、医療費の助成を受けることができるようになりました。助成を受けるためには、条件や手続きがありますので、お住まいの市役所、区役所または町役場にご相談ください。

平成24年10月1日から重度障害者(児)医療費助成の対象を拡大

指定自立支援医療機関指定の更新申請について

指定自立支援医療機関(精神通院医療)の指定を受けている医療機関は6年に1度更新申請が必要になります。

指定自立支援医療機関指定の更新

厚生労働省「みんなのメンタルヘルス総合サイト」について

精神疾患に関する情報や利用可能な支援等について、信頼のおける情報を確実に入手できることを目的とした総合サイトです。

みんなのメンタルヘルス総合サイト

厚生労働省「こころもメンテしよう」~10代20代のメンタルサポートサイト~について

10代、20代とそれを取り巻く人々(家族・教育職)を対象に、本人や周囲が心の不調に気づいたときにどうするかなど、わかりやすく紹介する若者向けサイトです。

こころもメンテしよう

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部障害者支援局障害福祉課精神保健福祉室

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2435

ファックス番号:054-221-3267

メール:seisin@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?