• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 医療 > 医療政策課ホームページ > 医療と介護の総合的な確保 > 「医療・介護の上手な利用」をテーマに、シンポジウムを開催しました

ここから本文です。

更新日:平成30年2月8日

「医療・介護の上手な利用」をテーマに、シンポジウムを開催しました

2025年になると、静岡県では県民の約3人に1人が65歳以上になります。県民一人ひとりが、地域の医療と介護を育む一員としてできることについて、考えていくことが大切です。

第一部の基調講演では、厚生労働省「保健医療2035」策定懇談会委員としても御活躍中の、浜松医科大学地域家庭医療学講座特任教授井上真智子先生をお招きして、「今、求められる地域包括ケアと健康なまちづくり」について、住民の視点からわかりやすくお話しいただきました。

より良い生き方のため、健康管理のために“かかりつけ医”を持つことの大切さについて、教えていただきました。また、普段からより良い生き方や最期の過ごし方に関して、“かかりつけ医”や家族と話し合うことの大切さについて、お話がありました。

第二部のパネルディスカッションでは、「地域包括ケアシステムを住民参加でつくる」をテーマに、各団体の代表からそれぞれの取組を御紹介いただきました。

地域にある課題を我が事として捉え、自分ができ2017shinpojiumuることから少しずつ取り組んでいくことの大切さについて、呼びかけをしました。

 

 

1日時・場所

(1)日時

平成29年11月23日(木・祝)13時30分~15時45分

(2)場所

プラサェルデ3階コンベンションホールB

2プログラム

第一部:基調講演

演題

「今、求められる地域包括ケアと健康なまちづくり」

講師

国立大学法人浜松医科大学地域家庭医療学講座特任教授

井上真智子氏

第二部:パネルディスカッション

テーマ

地域包括ケアシステムを住民参加でつくる

~地域包括ケアシステムの花が咲く地域づくりの主役は住民~

パネリスト

NPO法人f.a.n.地域医療を育む会副理事長

戸塚明美

掛川市地域医療推進課課長

大竹紗代子氏

居場所くるらの家代表

山田いさみ氏

コーディネーター

国立大学法人浜松医科大学地域医療学講座特任教授

山岡泰治氏

3参加者

一般県民約200人

4資料

シンポジウムの内容をわかりやすく取りまとめた小冊子です。講師の井上先生にご紹介いただいた「総合的に診て生活を支えてくれる“かかりつけ医”」についても掲載していますので、御覧ください。

小冊子「健康づくりと健康なまちづくり」(PDF:4,148KB)

5主催

医療と介護シンポジウム開催実行委員会、静岡県

〈医療と介護シンポジウム開催実行委員会の構成団体〉

森町病院友の会

島田市地域医療を支援する会

NPO法人ブライツ

NPO法人f.a.n.地域医療を育む会

御前崎市地域医療を育む会

地域医療いわた

菊川市地域医療を守る会

地域医療を支えるはいなんの会

富士宮市地域医療を守る市民の会

浜松の地域と医療と介護を育む会

国立大学法人浜松医科大学医学部医学科地域医療学講座

6静岡県内に拡がる地域の医療を育む住民活動

静岡県では、現在、10の住民グループ(医療と介護シンポジウム開催実行委員会の構成団体参照)が、地域の医療を育む活動に取り組んでいます。

詳細へのリンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部医療健康局医療政策課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2417

ファックス番号:054-221-3291

メール:iryoseisaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?