• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 医療 > 医療政策課ホームページ > 医療法人の設立や運営における各種手続きについて > 医師又は歯科医師でない理事長を選任するとき(非医師理事長の特例認可)

ここから本文です。

更新日:令和2年12月10日

医師又は歯科医師でない理事長を選任するときに必要となる手続き

医師又は歯科医師でない方が医療法人の理事長となることについて

医学知識のない者が医療法人を実質的に経営することにより、問題等が生じることがないよう、医療法人の理事長は、医師又は歯科医師の理事から選出することとされています。(医療法第46条の3)

ただし、都道府県知事の認可(非医師理事長特例認可)を受けた場合は、医師又は歯科医師でない理事のうちから選出することができることとされています。(同条ただし書)

県では、静岡県医療法人各種許認可取扱要領(PDF:210KB)において、非医師理事長特例認可の基準を定めています。

非医師理事長特例認可の申請

非医師理事長特例認可の申請に当たっては、次の書類を提出していただきます。

  1. 静岡県医療法人各種認可要領第6章の1又は同章の2の(2)に掲げる場合のいずれかに該当するとき
  2. 同章の2の(1)に掲げる場合に該当するとき

申請は、法人の主たる事務所の所在地を所管する保健所に行ってください。

申請の際は、上記の書類を、正本1部・副本(正本の写し)2部の計3部提出してください。

申請内容の審査等について

非医師理事長特例認可の申請があった場合、県では、法令の規定及び静岡県医療法人各種許認可取扱要領に基づき、申請の内容を審査し、同要領第6章の2に掲げる場合に係るものについては、静岡県医療審議会(法人部会)の意見を聴いた上で、認可をすることとなります。

認可の申請に当たっては、上記要領の内容を御確認の上、あらかじめ、医療政策課と調整(事前協議)していただくようお願いします

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部医療局医療政策課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2417

ファックス番号:054-221-3291

メール:iryoseisaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?