• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 緊急・危機管理情報/県内気象情報のご案内 > 新型コロナウイルス感染症について > 新型コロナウイルスワクチン情報

ここから本文です。

更新日:令和3年2月25日

新型コロナウイルスワクチン

様々なワクチンが、感染症に対する免疫をつけたり、免疫を強めるために接種されています。これにより、個人の発症・重症化を防ぐとともに、社会全体での感染症の流行を防ぐことが期待されています。

今回新たに承認された新型コロナワクチンは2回の接種によって、95%の有効性で、発熱やせきなどの症状が出ること(発症)を防ぐ効果が認められています(インフルエンザワクチンの有効性は約40~60%)(出典、参考:首相官邸ホームページ)。

県といたしましても、新型コロナウイルスワクチンに関する情報提供に努めてまいりますので、県民の皆様には、順次市町から発送される案内に従い、接種のご検討をお願いします(接種は、国の指示のもと、県の調整により、市町において実施します。)。

新型コロナワクチンについて皆さまに知ってほしいこと(首相官邸ホームページ)(外部サイトへリンク)

新型コロナウイルスワクチン接種の目的

新型コロナウイルス感染症の発症を予防し、死亡者や重症者の発生をできる限り減らし、結果として新型コロナウイルス感染症のまん延を防止することです。

国内で承認されたワクチン

令和3年2月14日、厚生労働省は、ファイザー株式会社から製造販売承認申請されていた新型コロナウイルスワクチン(販売名:コミナティ筋注)について、医薬品医療機器等法第14条の3に基づく特例承認を行いました(厚生労働省報道発表資料(外部サイトへリンク))。

ファイザー株式会社製ワクチンの有効性・安全性等に関する情報については、以下のホームページをご覧ください。

厚生労働省のホームページ(外部サイトへリンク)

独立行政法人医薬品医療機器総合機構のホームページ(外部サイトへリンク)

ワクチンの開発状況

現在、新型コロナウイルスワクチンについては、早期の実用化を目指し、国内・海外で多数の研究が精力的に行われており、通常より早いペースで開発が進められています。詳しくは厚生労働省のホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

ワクチン接種を受けるには

接種は住民票のある市町で無料で受けられます。受ける際は、今後、市町から送られてくる接種券、記入済みの予診票、本人確認書類などが必要です。

ワクチンの接種順位

ワクチンの量が限られている時には、まず、重症化リスクの高い方に接種することで、重症者や死亡者を減らすことが期待されます。また、医療提供体制を守ることも大切です。

このため、以下の順番で順次接種を開始する予定です。

(1)新型コロナウイルス感染症患者等に接する医療従事者等

(2)65歳以上の高齢者

(3)基礎疾患を有する方や高齢者施設等において利用者に直接接する職員

(4)上記以外の方

接種順位の詳細については、厚生労働省のホームページ(外部サイトへリンク)をご確認ください。

副反応について

ワクチン接種後は、体内に異物が入ったため、接種部位の腫れ、痛み、発熱、頭痛などの副反応が起こることがあります。治療を要したり、障害が残るほどの重度なものは極めてまれではあるものの、何らかの副反応が起こる可能性をゼロにすることはできません。

今回新たに承認されたワクチンの国内治験では、ワクチンを2回接種後に、接種部位の痛みは約80%に、37.5度以上の発熱が約33%、疲労・倦怠感が約60%の方に認められています。

ワクチンに含まれる成分に対する急性のアレルギー反応であるアナフィラキシーの発生頻度は、市販後米国で100万人に5人程度と報告されています。日本での接種では、ワクチン接種後15~30分経過を見て、万が一アナフィラキシーが起きても医療従事者が必要な対応を行います(出典、参考:首相官邸ホームページ)。

なお、今までに報告された新型コロナウイルスワクチンの副反応疑い報告事例は、厚生労働省のホームページ(外部サイトへリンク)をご確認ください。

副反応に関するご相談

ワクチン接種後に何らかの副反応を疑う症状が起こった場合、ご心配であれば、身近な医療機関(接種を実施した医療機関、かかりつけ医等)を受診し、医師にご相談されることをお勧めします。

なお、現在、県ではワクチン接種に係る電話健康相談窓口設置の準備を進めています。

予防接種健康被害救済制度

新型コロナウイルスワクチン接種は、予防接種健康被害救済制度の対象です。接種を受けた方に健康被害が生じた場合、その健康被害が接種を受けたことによるものであると厚生労働大臣が認定したときは、市町により給付が行われます。救済制度の詳細は、厚生労働省のホームページ(外部サイトへリンク)をご確認ください。

接種の予約、接種券、接種場所等に関するお問い合わせ

ワクチン接種は市町が実施します。接種の予約、接種券、接種場所等については、今後、住民票のある市町から案内がなされる予定です。

よくあるご質問と回答

新型コロナウイルスワクチンに関するよくあるご質問と回答を、厚生労働省のホームページ(外部サイトへリンク)でご覧いただけます。

ワクチンに関する相談窓口のご案内

(1)厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

電話番号:0120-761770(フリーダイヤル)

受付時間:9時~21時

(2)聴覚に障害のある方の相談窓口(厚生労働省新型コロナウイルス関連及びワクチンについての聴覚障害者相談窓口(FAX・メールアドレス))

一般財団法人全日本ろうあ連盟のホームページ(外部サイトへリンク)をご確認ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

電話番号:054-221-2218

静岡県新型コロナウイルス感染症対策チーム
ワクチン班

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?