• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 医療 > 疾病対策課トップ > 西アフリカにおけるエボラ出血熱の流行について

ここから本文です。

更新日:平成26年11月27日

西アフリカにおけるエボラ出血熱の流行について

平成26年2月以降、西アフリカのギニア、リベリア、シエラレオネ(以下「流行3カ国」)でエボラ出血熱が流行しています。

県民の皆様へ

  • 現時点で流行3カ国以外の国で感染する可能性はほとんどありません。

  • エボラ出血熱は、咳やくしゃみを介してヒトからヒトに感染するインフルエンザ等とは異なり、簡単にヒトからヒトに広まる疾患ではありません
  • 上記の流行3カ国へ渡航歴のある方は、検疫所の指示に従い健康管理に注意し、帰国後1ヶ月以内に発熱があった場合には、医療機関を受診せず、最寄りの保健所に連絡してください。

 

エボラ出血熱とその感染予防

  • エボラウイルスに感染し、症状が出ている患者の体液(血液、分泌物、吐物・排泄物)等に触れ、傷口や粘膜からウイルスが侵入することで感染します。
  • エボラウイルスに感染すると、2日から21日(通常は7日から10日)の潜伏期の後、突然の発熱、頭痛、だるさ、筋肉の痛み、のどの腫れ・痛み等の症状が出ます。次いで、嘔吐、下痢、胸の痛み、出血(血の混じった嘔吐、血の混じった便)等の症状が現れます。
  • 現在、エボラ出血熱に対するワクチンや特別な治療法はないため、熱を下げたり、呼吸を楽にするなどの治療(対症療法)を行うことになります。

 

エボラ出血熱について正しい知識を持ちましょう

  • 症状が出ていない患者からは感染しません。
  • 同じ列車や飛行機に同乗しただけでは感染しません。
  • 現時点では、日本国内での感染の可能性はありません。
  • 流行地域以外の海外で感染する可能性もほとんどありません。

 

エボラ出血熱の発生地域から帰国された方へのお願い

  • 流行3カ国から帰国された方は、帰国時の検疫所からの指示に従い、次の2点に御留意ください。なお、帰国後21日を経過すれば、エボラ出血熱感染の可能性はありません。
  • 帰国後21日は、1日2回(朝・夕)の体温その他の健康状態について、検疫所に報告する。
  • この間、健康状態に異状を生じたときは、医療機関を受診せず、直ちに保健所に連絡を取り、指示を受ける。

 

万が一エボラ出血熱が発生した場合

  • エボラ出血熱は感染症法で「一類感染症」に指定されており、従来から国、静岡県をはじめとする都道府県では、国内でエボラ出血熱が発生した場合に備え、準備を進めてきました。
  • 静岡空港・清水港などでは、厚生労働省検疫所が、成田空港などと同様にサーモグラフィを使用した発熱の確認など、エボラ出血熱の侵入を水際で防ぐ対策をとっています。
  • 県内でエボラ出血熱が発生した場合の手順は下記のとおりです。
  1. 医療機関または本人から「エボラ出血熱の疑い」症例の連絡
  2. 感染症法に基づきエボラ出血熱に対応できる医療機関に移送
  3. 医療機関で治療を行うとともに、検体を国立感染症研究所に送り感染の有無を確認
  4. 感染が確認された場合には関係箇所を消毒し、接触した人の健康確認を実施

 

静岡県内では、エボラ出血熱をはじめとする危険性の高い感染症に対応する医療機関(第一種感染症指定医療機関)として、静岡市立静岡病院を指定しており、病院内で、隔離された状態で安全に治療が行える体制を整備しています。

 

エボラ出血熱に関する相談窓口

エボラ出血熱に関する相談は、県内各保健所感染症担当課、県庁健康福祉部疾病対策課で受け付けています。

(相談時間)平日8時30分~17時00分

機関名

お問い合わせ先

賀茂保健所

地域医療課(0558-24-2052)

熱海保健所

医療健康課(0557-82-9126)

東部保健所

地域医療課(055-920-2109)

御殿場保健所

医療健康課(0550-82-1224)

富士保健所

医療健康課(0545-65-2156)

中部保健所

地域医療課(054-644-9273)

西部保健所

地域医療課(0538-37-2253)

静岡市保健所

保健予防課(054-249-3172)

浜松市保健所

保健予防課(053-453-6118)

健康福祉部疾病対策課

感染症対策班(054-221-2986)

 

(参考)厚生労働省ホームページの関連情報

エボラ出血熱について(外部サイトへリンク)

エボラ出血熱に関するQ&A(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

健康福祉部医療健康局疾病対策課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2986

ファックス番号:054-251-7188

メール:shippei@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?