• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 医療 > 疾病対策課トップ > 感染症対策 > 新型コロナウイルス感染症について > 医療機関向け情報

ここから本文です。

更新日:令和3年7月7日

医療機関向け情報

1.新型コロナウイルス感染症自宅療養体制整備事業協力医療機関について

2.新型コロナウイルス感染症自宅療養体制整備事業協力金について

3.発熱等診療医療機関について

4.発熱等診療医療機関体制整備事業協力金について

5.PCR検査等にかかる自己負担分を公費負担とする事務委託契約

 新型コロナウイルス感染症自宅療養体制整備事業協力医療機関について

新型コロナウイルス感染症への対応について、自宅療養中の患者の体調悪化時等の対応が課題の1つとなっていることから、地域の医療機関に協力いただき、自宅療養者を地域の医療機関においてフォローできる体制整備を進めていきたいと考えております。

このため、本県においては、自宅療養者。(静岡市・浜松市所在の自宅療養者を除く。)に対する電話による健康観察や往診、外来診療に協力いただける医療機関を事前登録し、実績に応じて協力金を給付することとしました。(静岡市・浜松市所在の医療機関を除く。)

届出登録手続き

登録を希望される医療機関は、以下により届出してください。

提出様式

<登録時>

自宅療養協力医療機関届出書(申請書ダウンロードへリンク)

提出期限

令和3年7月30日(金曜日) ※提出期限以降も随時受け付ける予定です。
提出期限に関わらず、早めに提出してください。

提出先・問合せ先

静岡県健康福祉部新型コロナウイルス対策課 機動第2班

〒420-8601
静岡市葵区追手町9-6
メーtaisaku-busshi@pref.shizuoka.lg.jp

電話 054-221-2909

提出方法

届出書に押印したものを郵送するとともに、届出書のデータ(エクセル)をメールにて送付願います。なお、エクセルファイル名は医療機関名としてください。

協力金の請求手続き

 自宅療養体制整備事業協力医療機関において、保健所の依頼に基づいて患者の健康観察・外来・往診等の協力を行った場合の協力金の請求方法は以下のとおりです。(対象となるのは、令和4年3月31日までに実際に対応していた場合限られます)

提出様式

交付要綱・書式等(申請書ダウンロードへリンク)

提出期限

令和4年2月分まで:対応月の翌月15日(複数月分をまとめて申請することも可)※申請・実績報告をまとめて提出していただきます。

令和4年3月分:令和4年3月31日 ※見込み・実績報告の2回書類を提出していただきます。

提出先・問合せ先

静岡県健康福祉部新型コロナウイルス対策課 機動第2班

〒420-8601
静岡市葵区追手町9-6
メール taisaku-busshi@pref.shizuoka.lg.jp

電話 054-221-2909

 発熱等診療医療機関について

インフルエンザ流行期に備え、発熱患者等がかかりつけ医等の地域で身近な医療機関を相談・受診し、必要に応じて検査を受けられる体制を整備することが求められています。

このため、静岡県では、発熱患者への診療又は検査を行う医療機関を「発熱等診療医療機関」(国の呼称は「診療・検査医療機関」)として指定します。

発熱等診療医療機関に関するQ&A内の【発熱外来診療体制確保支援補助金】A2について、補助金の計算式に誤りがありましたので、注意してください。

発熱等診療医療機関の要件

以下の1~3の全ての要件を満たすことが必要です。

  1. 発熱患者等が新型コロナウイルス感染症以外の疾患の患者と接触しないよう、可能な限り動線が分けられていること(空間的分離のほか、時間的分離も含む)
  2. 必要な検査体制が確保されていること(自院で検査が実施できること、又は、自院で検査が実施できない場合は、検査実施機関と連携がとれていること)
  3. 適切な感染対策が講じられていること(標準予防策に加えて、飛沫予防策及び接触予防策を実施、検体を採取する場合は、当該検体に応じた個人防護具の着用)

 指定申請手続き

指定を希望される医療機関は以下により申請してください。

提出様式

発熱等診療医療機関指定申請書(エクセル:84KB)

提出期限

随時申請を受け付けます。

提出先

所在地

区分

提出先

静岡市・浜松市以外

医師会会員

静岡県医師会(郡市医師会経由で提出)

医師会非会員

静岡県健康福祉部新型コロナウイルス対策課

〒420-8601

静岡市葵区追手町9-6

メール:taisaku-pcr@pref.shizuoka.lg.jp

病院

静岡市

医師会会員

静岡市(静岡医師会、清水医師会経由で提出)

医師会非会員

静岡市保健所保健予防課

〒420-0846

静岡市葵区城東町24-1

メール:hokenyobou@city.shizuoka.lg.jp

病院

浜松市

医師会会員

浜松市保健所生活衛生課感染症対策グループ

〒432-8550

浜松市中区鴨江二丁目11-2

メール:yobo@city.hamamatsu.shizuoka.jp

医師会非会員

病院

提出方法

申請書に押印したものを郵送するとともに、申請書のデータ(エクセル)をメールにて送付願います。なお、エクセルのファイル名は医療機関名としてください。

発熱等診療医療機関に指定された場合

  • 指定医療機関の情報は、保健所及び県又は政令市が設置する発熱等受診相談センターや地域の医療機関等の間で共有されます。
  • 国が実施する「発熱外来診療体制確保支援補助金」等の交付対象となります。
  • 指定されている期間中は、G-MISを通じて、日々の受診者数や検査数等を報告する必要があります。

 指定後の手続き等

日々の検査数等の報告

指定を受けた日以降の指定を受けた時間帯に診療した患者数や検査数等について、WEB上の新型コロナウイルス感染症医療機関等情報支援システム(G-MIS)にて報告してください。

(1)IDパスワード等

ログインに必要なIDやパスワードは、国から通知されます。パスワードを忘れた場合や発行の有無を確認したい場合などは(4)の問合せ先に御連絡ください。

【ID・パスワードの発行状況】

区分

発行状況

病院

発行済み

診療所

行政検査

委託締結済

県(政令市)との契約締結後、概ね2~3週間以内に通知されています。

上記以外

厚生労働省より順次、通知されます。

原則は申請書に記載されたメールアドレスに通知されます。

(2)入力用サイト・マニュアル

入力用サイトおよびマニュアルについては、以下の厚生労働省ホームページを参照してください。

(マニュアル内に入力用サイトのURL等が記載されています。)

(3)G-MISへの入力時期

ID等が発行された後に、指定を受けた日以降の患者数、検査件数を入力してください。

(4)問合せ先

厚生労働省G-MIS事務局

0570-783-872(土日祝日を除く平日9時~17時)

発生届の提出等

新型コロナウイルス感染症の検査を行う場合、検査を行った患者を新型コロナウイルス感染症と診断した場合には、速やかに最寄の保健所に御連絡いただくとともに、感染症法第12条第1項の規定に基づく発生届を提出してください。

また、新型コロナウイルス感染症が疑われ、かつ、入院を要すると認められる場合も、発生届の提出等をお願いします。

新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム(HER-SYS)の入力

HER-SYSへの入力をお願いする医療機関については、個別に連絡します。

指定内容に変更等があった場合の届出

発熱等受診相談センター等からの紹介の可否、新型コロナウイルス感染症にかかる検査の可否、曜日ごとの対応時間など、指定を受けた内容に変更等があった場合には、別添の様式を提出してください。

なお、臨時の休診日など短期間での変更の場合は、提出不要です。

  • 提出様式(内容を変更する場合):発熱等診療医療機関指定内容変更届(ワード:33KB)/(PDF:53KB)
  • 提出様式(指定を辞退する場合):発熱等診療医療機関指定辞退届(ワード:31KB)/(PDF:44KB)
  • 提出先:〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県健康福祉部新型コロナウイルス対策課

個人防護具の配布

申請いただいた必要見込数に基づき、初回分のみ個人防護具を配布します。なお、以降の配布は現時点では予定はありません。

(サイズ指定は対応できませんので御了解願います。)

国の補助制度

発熱等診療医療機関の指定を受けた医療機関は、国が実施する補助制度の交付対象となります。

詳細は、厚生労働省ホームページを参照してください。

参考資料

 PCR検査等にかかる自己負担分を公費負担とする事務委託契約

新型コロナウイルス感染症にかかる検査については、令和2年3月6日よりPCR検査に、令和2年5月13日より抗原定性検査に、令和2年6月25日より抗原定量検査に、それぞれの保険適用がなされたところです。

現在のところ、医師の判断により診療の一環として行われ、保険適用される新型コロナウイルスにかかる検査については、検査費用の本人負担を求めず、行政検査と同様の観点とすることから、都道府県等から行政検査を委託しているものと取扱い、都道府県等と事務委託契約を締結していただく必要があります。(静岡市・浜松市所在の医療機関は、静岡市・浜松市と契約を締結する必要があります。)

日々の検査数等の報告

(1)報告方法

PCR検査等を実施した場合は、検査数等について、WEB上の新型コロナウイルス感染症医療機関等情報支援システム(G-MIS)にて報告してください。

アスタリスク黒(大)静岡市・浜松市については、各市にお問い合わせください。

(2)ID及びパスワード等

県(政令市)との契約締結後、国から通知されます。

(3)G-MISへの入力時期

ID等が発行された後に、令和2年12月1日以降に行った検査の件数等を入力してください。

(4)問合わせ先

厚生労働省G-MIS事務局

0570-783-872(土日祝日を除く平日9時~17時)




お知らせ

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部感染症対策局新型コロナウィルス対策課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2982

ファックス番号:054-221-3716

メール:c19taisaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?