• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 医療 > 疾病対策課トップ > 予防接種 > 静岡県インフルエンザ予防接種促進事業費助成金(令和4年度限り)

ここから本文です。

更新日:令和4年11月28日

静岡県インフルエンザ予防接種促進事業費助成金~3歳未満の子どものインフルエンザ予防接種費用の一部を助成します~

令和4年11月21日(月曜日)午前10時電子申請のフォーマットを公開しました。令和5年2月10日(金曜日)までに申請を完了しください。

対象となる方は、申請受付の開始まで、インフルエンザ予防接種の領収書など「3-3.必要書類」に記載の書類を事前準備し、次のアイコンから電子申請手続きをしてください。

インフル助成電子申請アイコン(外部サイトへリンク)

(注)まれに、電子申請の画像ファイルが選択できず、電子申請することができない場合があります。御不便御迷惑をおかけしますが、まずは、パソコン、タブレット、御家族のスマートフォンなど、他の端末からの申請を試してください。それでも電子申請ができない場合の申請方法については、「よくある質問(PDF:167KB)」の「QA6-1(電子申請システム)」以降の質問を御確認ください。

(注)静岡県インフルエンザ予防接種助成金システム担当(平日9時から17時まで)では、電子申請の操作方法や不具合に関することのみ回答しております。助成制度の内容や助成金額に関することは、引き続き静岡県感染症対策課までお問い合わせください。

なお、本助成金の制度は、令和4年度限りです。

1.目的

日本では過去2シーズン(2020年秋以降)インフルエンザが流行しなかったため、免疫のない人が増えているとみられる中、オーストラリアでは例年より数か月早くインフルエンザが流行していることから、今シーズン日本でも早くから流行が始まり大流行になることが心配されます。

そこで、インフルエンザの感染や重症化を防ぐために、過去2シーズン流行がなかったため免疫がない3歳未満の子どもを対象に、インフルエンザ予防接種の費用の一部を静岡県が助成します。

2.概要

本助成制度の概要は、次のとおりです。あわせて、本助成制度のチラシを御覧ください。

なお、チラシは11月中旬以降、各市町や小児科のある医療機関にも配布をする予定です。

2-1.助成の対象となる子ども

次の全てに当てはまる子ども

  1. 静岡県内に居住している子ども
  2. インフルエンザ予防接種時に生後6か月以上の子どもから令和4年4月1日現在3歳未満の子ども(平成31年4月2日以降に生まれた子ども)
  3. 令和4年9月1日から令和5年1月31日までにインフルエンザ予防接種をした子ども

2-2.助成額

  • 1回当たり、上限2,000円(1人当たり2回まで)

ただし、お住まいの市町でインフルエンザ予防接種費用の助成制度がある場合は、接種費用から市町の助成金額を差し引いた額により県の助成額を算定します。(下記の例及びチラシの2ページ目を御確認ください。)

また、医療機関で支払った接種費用を超えて助成することはありません。

(例1)お住まいの市町で1,000円の助成制度があり、インフルエンザ予防接種費用が3,500円の場合、県の助成額は2,000円です。(インフルエンザ予防接種費用3,500円から市町が助成する1,000円を差し引いて、県の助成額を決定します。この場合、県の助成額は上限2,000円です。)

(例2)お住まいの市町で1,000円の助成制度があり、インフルエンザ予防接種費用が2,500円の場合、県の助成額は1,500円です。

(注)お住まいの市町の助成制度の有無は、チラシの2ページ目を御確認ください。

3.申請手続き

3-1.申請者

  • 本助成金の申請者は、「2-1.助成の対象となる子ども」の保護者です。

(注)保護者とは、親権者、後見人その他の者で、子どもを現に監護する者です。

3-2.申請受付期間

原則として、インフルエンザ予防接種2回完了後に申請をしてください。

なお、対象の子どもが2人以上(兄弟など)の場合も、まとめて1回で申請をします。

  • 令和4年11月21日(月曜日)から令和5年2月10日(金曜日)まで

なお、申請受付期間の締切は延長しません。

いかなる理由があっても受付期間を過ぎた場合は、助成金を支給できませんので、電子申請の手続きが開始されましたら、お早めに申請してください。

締切直前は、申請が混み合い、助成金の支給(口座振込)にお時間をいただくことがあります。

3-3.必要書類

いずれもスマートフォン等で撮影したデジタル写真のデータの添付が必要です。必ず、文字が読み取れる写真を用意してください。

  1. 振込口座が分かる通帳
  2. 保護者の居住地が分かる本人確認書類(運転免許証など)
    • (注)居住地の変更があった場合は、変更後の居住地が分かるもの(運転免許証の裏面など)も撮影して提出してください。
  3. 対象の子どもの母子手帳
  4. インフルエンザ予防接種の領収書(2回分)

4.よくある質問(Q&A)

上記を読んでも分からないことがある場合や、当てはまらない場合がある時は、次の「よくある質問(Q&A)」を御覧ください

その上で、「よくある質問(Q&A)」を読んでも分からないことや、困ったことがある場合には、下記お問い合わせに問い合わせてください。

「よくある質問(Q&A)」随時更新するため、後日確認いただければ追加されていることもあります。お問い合わせの前に改めて御確認ください。

  • (注)本制度に関する専用のコールセンターは設置していないため、担当がすぐに電話に出られない場合があります。御理解御協力をお願いします。

5.その他注意事項

  • 提出書類に不備や疑義がある場合は、後日、お問い合わせにより事実確認や追加書類の提出をお願いする場合があります。そのため、日中につながる連絡先を記載してください。また、助成金の交付決定までにお時間をいただく場合があります。
  • 助成金の交付を決定したときは、後日、メールにより決定通知を送付します。
  • 申請受付期間の締切は延長しません。提出書類に不備や疑義がある場合で、追加書類の提出をいただけない場合も同様です。
  • 助成金の要件を満たしている場合でも、申請がなかった(申請受付期間を過ぎた)場合は、助成金の支給はできません。
  • 万が一、偽りや不正により助成金の支給を受けた時は、助成金を返納するとともに、加算金及び延滞金が発生する場合があります。

6.参考資料

6-1.交付要綱

6-2.助成金振込予定スケジュール

今後お知らせ予定です。

7.更新履歴

  • 令和4年11月21日電子申請フォーマットを公開しました。
  • 令和4年11月28日電子申請がうまくできない場合のコールセンターを開設しました(平日9時から17時まで)。予防接種後に他県へ転居した方も申請できるように電子申請フォーマットを改修しました。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部感染症対策局感染症対策課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2986

ファックス番号:054-221-3716

メール:kansentaisaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?