• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 医療 > 健康増進課トップページ > みんなで実践する健康づくり「ふじ33プログラム」

ここから本文です。

更新日:平成26年9月2日

みんなで実践する健康づくり「ふじ33プログラム」

33title

 

「ふじ33プログラム」とは 

静岡県では、さらなる健康寿命の延伸を目指し、働き盛りからの生活習慣改善を推進するため、静岡県独自の健康長寿プログラム「ふじ33プログラム」を開発し、県民への普及を図っています。

ふじ33プログラムの特徴

  • 運動、食生活、社会参加の3分野に関する取組
  • 3人1組で実践する健康づくりプログラム
  • 自ら目標を設定し、3ヶ月の実践の後、振り返りを行う

33fuji

  1. 自らの生活習慣、健康状態について、自己チェック表や測定により把握
  2. 運動・食生活・社会参加の3分野について、目標(行動メニュー)を設定するとともに、3人で共通の目標(行動メニュー)を設定
  3. 3人で励ましあいながら、3ヶ月実践
  4. 再度、自らの状態をチェックし、新たな目標を設定《士山を登るように、自らのレベルアップを実感しながら行う生活習慣改善》

なぜ?運動、食生活、社会参加の3分野 

静岡県在住の高齢者約1万4千人を、平成11年度から追跡した結果、「運動」「食生活」「社会参加」の3分野について、望ましい生活習慣を有する高齢者は、いずれも課題がある高齢者に比べて、長生きであることが分かりました。(死亡率が半分!!)

コホート

「静岡県高齢者コホート調査に基づく運動・栄養・社会参加の死亡に対する影響について」(第58回 東海公衆衛生学会)

なぜ?3人で実践 

健康づくりに取り組むには、1人で行うよりも、3人1組で実践するほうが、効果もやる気も高い傾向がみられました。

333人

「減量プログラムへの参加人数の違いによる減量効果の比較」(公衆衛生vol.73 No.11)
「ソーシャルサポートを強化したグループ参加による減量プログラムの有効性」(第55巻 日本公衆衛生学会誌 第5号)

どんな成果があるの 

平成24年度に先行実施した109名では、継続率や、歩数、体脂肪、バランス能力など、多くの面で望ましい結果がありました。

仲間がいることが

感想

さっそく実践してみたい! 

33

静岡県総合健康センター(外部サイトへリンク)では、ふじ33プログラムの普及に関する支援を行っています。

33pict

実践方法については、「ふじ33プログラム」を参考ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部医療健康局健康増進課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:055-973-7002

ファックス番号:054-973-7010

メール:kenzou@pref.shizuoka.lg.jp

健康福祉部医療健康局健康増進課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2779

ファックス番号:054-251-7188

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?