• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 医療 > 健康増進課トップページ > 全国トップクラスの健康寿命

ここから本文です。

更新日:平成28年2月10日

全国トップクラスの健康寿命

 fuji

平成27年12月、平成25年データに基づく都道府県別健康寿命が公表され、静岡県は男性が72.13歳で全国3位、女性は75.61歳で全国2位でした。

本県が独自に算出した男女計では、73.90歳で全国2位となり、前回の発表に引き続き全国トップクラスの健康長寿県であることが示されました。

このページでは、健康寿命に関係することについてご紹介します。

健康寿命:健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間

  

 

平成22年健康寿命

平成25年健康寿命

 

男性

女性

男女計

男性

女性

男女計

静岡県

71.68歳

全国2位

75.32歳

全国1位

73.53歳

全国1位

72.13歳

全国3位

75.61歳

全国2位

73.90歳

全国2位

全国

70.42歳

73.62歳

72.13歳

71.19歳

74.21歳

72.74歳

 

健康長寿の理由

本県の健康課題

  • 男性の死亡の増加
  • 全国に比べて多い脳血管疾患による死亡

   ※標準化死亡比による比較より


静岡県の取組

  •  ふじ33(さんさん)プログラム

健康長寿には、食生活、運動、社会参加が寄与していることがわかってきました。

そこで、県では、食生活、運動、社会参加を柱とした健康長寿プログラム(外部サイトへリンク)を開発し、普及を図っています。

また、平成26年度には、65歳以上の方を対象とした「シニア版ふじ33プログラム」が新たに完成しました。

 

 

  •  市町別お達者度の算出

65歳における平均自立期間(介護を受けたり病気で寝たきりになったりせず、自立して健康に生活できる期間、いわゆる「お達者度」)を平成24年度、本県としては、初めて市町別に算出しました。

  •  ふじのくに健康増進計画

県では、「富国有徳の理想郷“ふじのくに”づくり」の実現に向けて、すべての県民が心身共に健康に暮らすことを目標に、平成26年3月に「第3次ふじのくに健康増進計画」を策定しました。

 

  •  0歳から始まるふじのくにの食育(ふじのくに食育推進計画)

県では、「食を知る」「食をつくる」「食を楽しむ」ことを通して、生涯にわたり望ましい食生活を実践する力を身につけ、健全な心と体を培い、豊かな人間性を育むことを目指しています。

 

県では、高齢者や障害者、子どもなど、年齢や障害の有無に関わらず、地域にある身近な高齢者施設等で垣根のないサービスが受けられる「ふじのくに型福祉サービス」を推進しています。


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部医療健康局健康増進課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2779

ファックス番号:054-251-7188

メール:kenzou@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?