• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 医療 > 健康増進課トップページ > 認知症本人大使「静岡県希望大使」について

ここから本文です。

更新日:令和2年10月7日

認知症本人大使「静岡県希望大使」について

概要

令和元年6月に国が策定した認知症施策推進大綱では、本人からの発信の機会を増やし、認知症に関する普及啓発に取り組むこととしています。これを受けて、厚生労働省では、令和2年1月に5人の認知症の本人の方を「希望大使」に任命しました。

静岡県でも、認知症への社会の理解を深め、認知症の有無に関わらず、同じ社会の一員として地域をともに創っていくため、令和2年9月に全国初となる地域版の「希望大使」として、「静岡県希望大使」を設置しました。

「静岡県希望大使」の役割

  • 県が行う認知症普及啓発活動への参加・協力

県が開催するイベント等での公演、広報誌等への寄稿、県と連携した希望宣言の紹介等を行います。

  • 認知症サポーターで講座の講師役となるキャラバン・メイトへの協力

認知症サポーター養成講座の受講者の理解を深めるため、キャラバン・メイトが講師を務める当該講座において、自らの体験や希望、必要としていること等を発信します。

  • その他

ピアサポート活動や認知症サポーターの活動(チームオレンジ)への協力、県内各市町への派遣・事業協力、認知症の人と家族の会や認知症本人ワーキンググループ等の関係団体への協力等を行います。

「静岡県希望大使」の委嘱

三浦繁雄さん【令和2年9月30日から委嘱】

三浦さん

牧之原市在住の63歳(委嘱時点)

平成27年にMCI(軽度認知障害)と診断を受ける。

現在は、吉田町の精米店「おこめ館いわ堀」に勤務し、働きながら治療を続け、県内外の認知症の本人の方々と積極的に交流を行う。

令和元年7月からは、県のピアサポーターとして本人ミーティングでの相談相談支援等を行う。

 

 

 

 

 

委嘱式の様子

委嘱式は、令和2年9月30日(火曜日)の午後3時30分から、静岡県庁の知事室で開催し、知事から三浦さんへ委嘱状が手渡されました。

〈三浦さんのコメント〉

認知症はだれでもなり得る病気です。ですので、認知症をなりたくないと「予防」するより、なるかもしれない病気として「備えて」いってくれたら嬉しいです。私は、今、皆さんの前で話をしていますが、認知症が進行しても、「分からない人」になってしまうのではないと考えています。言葉が出にくくなっても、歩けなくなっても、私の意志は残っていると信じます。わたしは希望を伝えていきたいと思います。

 

希望委嘱1希望委嘱2

 


 

お問い合わせ

健康福祉部健康局健康増進課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2779

ファックス番号:054-251-7188

メール:kenzou@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?